読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、ドル建変動型個人年金を勧めるプランナーに疑心暗鬼になっている31歳の主婦。外国籍の夫を持ち将来帰国する可能性もある中で、教育費や保険、住宅購入についてどのように考えていけばいいのでしょうか。FPの飯田道子氏がお答えします。

老後資金のことを考えると背筋が凍る思いです。子どもの教育費に加えて、老後資金を貯めるためにはどうしたらいいでしょうか?

1年前からつみたてNISAで毎月満額積立て、将来のお金にと備えています。しかし、子どもの教育費のことを考えると、これで大丈夫なのか不安です。保険会社に相談したら、ドル建ての変動型個人年金を勧められましたが、本当に良いのかよくわかりません。当初iDeCoを検討しようと思っていたのですが、ライフプランナーさんから私には節税効果があまりなく変動型の個人年金の方が良いと言われました。勧められた商品は月々15000円程度、10年で払込が終わるものです。

また、夫が外国籍のため帰国のリスクがあります。永住ビザもまだないため、ローンは組めません。そのため賃貸に長く暮らすつもりでしたが、先ほどのプランナーさんに早めの住宅購入を勧められました。加えて、夫にもつみたてNISAを始めてもらおうと思っていると話したところ、「お金の備えは分散させたほうが良い、次回ご主人におすすめの保険商品持ってくる」と言われました。

実際のところどうなのでしょうか。いまいちプランナーさんが信用に足るのか判断がつきません。かといって、自分たちも知識があまりありませんので、専門の方のご意見をお聞きしたいです。よろしくお願いいたします。

<相談者プロフィール>
・女性、31歳、既婚(夫:29歳、会社員)
・子ども2人:2歳、0歳
・職業:会社員(育休中)
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:35万円(夫のみ ※妻は復職後、時短で月12万円程)
・年間の手取りボーナス額:業績次第で大きく変わるので未定
・毎月の世帯の支出目安:約27万円

【支出の内訳】
・住居費:8万円
・食費:5万円
・水道光熱費:1万円
・教育費:2万円
・保険料:0.45万円(県民共済のみ)
・通信費:1.5万円
・日用品:1万円
・車両費:なし
・お小遣い:5万円(夫3万円、妻2万円)
・その他:3万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:定期5万円、つみたてNISA3.3万円
・現在の貯蓄総額:240万円
・現在の投資総額:38万円
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ