日本でも少しずつ投資文化が醸成されてきているように感じます。最近はこれまで投資とは無縁だった知人から、つみたてNISAやiDeCoを活用して投資を始めてみたと連絡をもらうことも増えてきました。

せっかく投資の世界に足を踏み入れた訳ですから、今後どのような相場展開になろうとも、末永く投資の世界を楽しんでもらうため、今回は先人の格言から絶対に覚えておきたい投資の神髄を共有していきたいと思います。難しい数式や用語は出てきませんので、安心してください。


先輩投資家達の影響力は大きい

投資文化が醸成されてきた背景として、前述の通りつみたてNISAやiDeCoなど投資を後押しする制度ができたこともあるのですが、それ以外にも証券会社や運用会社が投資にかかる手数料を徐々に引き下げたり、使いやすいサービスの開発など、サービス提供側の企業努力の影響もあります。

しかし、それ以上に大きいのは、既に投資をしている個人投資家達が、ブログやSNSで積極的に情報発信をしてくれていることが挙げられるでしょう。

これまでも金融機関は投資家に向けて情報発信をしていましたが、やはり金融機関が提供する情報に対しては心理的な壁があり、自分と同じ個人投資家が発信している情報の方がすんなりと受け入れやすいようです。

なかでも、インデックスブロガーの影響力は大きく、最近投資を始めた筆者の知人たちも全員インデックスブロガーが書くブログを読みながら勉強したそうです。最近は金融機関も彼らの意見を聞いて、より効果的なマーケティングをすべく、積極的にイベントに招いて意見交換などをしています。

先日、世界第2位の運用資産(※)を誇るバンガード社が開催したブロガー交流会に参加してきたのですが、そこで同社の創業者でもあり、インデックスファンドの父とも呼ばれるジョン・ボーグル氏の格言に触れる機会があり、数々の格言には投資の神髄が隠されていたため、そのなかのいくつかを共有したいと思います。
(※)Pension & Investments, “The LARGEST MONEY MANAGERS”, as of Dec. 31. 2018

日本のGDP以上の運用資産額

バンガードの運用資産は約600兆円。この金額がどれほど巨大な数字かは、2つの数字を見ると実感できます。投資信託協会によれば、2019年9月末時点で日本の公募投信6,120本あり、その合計残高は約126兆円。私募投信は6,609本で残高合計は約98兆円。日本にある投資信託を全て足し合わせても約224兆円です。その3倍弱の資産額を1社で運用しています。また、少し視点を変えれば2018年度の日本の実質GDP(国内総生産)が535.6兆円ですから、いかにその運用額が大きいかわかりますね。

そのバンガード社の創業者であるボーグル氏が世界で最初のインデックスファンドを作ったため、「インデックスファンドの父」と呼ばれている訳ですが、今年の1月に亡くなられました。彼の残した格言からは学ぶことが非常に多くあります。