はじめに

クレジットカードを複数枚持ち、使い分けている人も多いのではないでしょうか。キャッシュレス決済には不可欠ですし、利用をすればポイントもつき、カードの色によってはステータスをあらわすアイテムにもなるなど、保有するメリットはそれぞれあると思います。

誰しも、クレジットカードを上手に使いこなしたいと考えていますよね。そこで気を付けなければいけないのが、今回ご紹介するクレジットカードにまつわるNG行為です。

悪気がなくても、やってしまえば信用を落とし何かと不利になることばかり。実際どのようなものがあるかみていきましょう。


1:短期間に多くのクレジットカードを申し込む

1、2カ月の間に何枚ものクレジットカードを申し込む行為は、多重申込と言われ申し込んでも審査が通りにくくなります。

クレジットカードの利用限度額は、個人の返済能力などを考慮して決められますが、多くのクレジットカードを申し込めば返済能力を超える利用をする可能性が高まります。

特に、1、2カ月と短期間に一気に申し込むということは、すぐに利用したい、それもたくさん利用したい事情があるのでは、と思われかねないのです。
そして、返済能力を超えた利用であれば、返済されないというリスクが大きくなり、クレジットカード会社としては審査を通さないという判断につながっていきます。

クレジットカードを申し込むと、カード会社は個人信用情報機関にデータの照会をします。そこには、支払いが問題なく行われたことや、滞納、解約、破産などの他に、申込情報などもあり、新規の申込時には必ずチェックをされています。

申込情報は、個人信用情報機関に6カ月間残るので、この間に別のクレジットカードを申し込めばわかります。

お得なクレジットカードを探して調べてみると、いくつかいいものが見つかるでしょう。しかし、このような理由から、複数のクレジットカードをほぼ同時期に申し込むことはやめておいたほうが賢明です。

2:クレジットカードを作っても、すぐに解約する

クレジットカードを作ると、ポイント還元やキャッシュバックを受けられるなどのキャンペーンはよくあります。せっかく作るならキャンペーン期間中に作るとお得ですよね。

しかしキャンペーンだけが目的で、ポイント還元、キャッシュバックなどを受けとったらすぐに解約、という行為を繰り返していると、新たなクレジットカードが作りにくくなります。

クレジットカード会社は新しい顧客を獲得するためにさまざまな施策をしていますが、ポイント還元やキャッシュバックのキャンペーンもそのひとつ。
キャンペーンをきっかけにカードを作ってもらい、その後も長く使い続けてくれればキャンペーンのコストも回収できるという計算です。つまり、すぐに解約されるとクレジットカード会社としては損をしてしまうことになるのです。

1年目の年会費が無料になるクレジットカードもよくありますが、1年以内に解約することも同様です。

もちろん、不要なクレジットカードは持ち続けるより解約したほうがいいのですが、その数があまりにも多いのは信用情報にマイナスです。キャンペーン目的の申込み、解約は繰り返すことのないよう気を付けましょう。