クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QR決済(スマホ決済)。キャシュレス還元ですっかり身近になったキャッシュレス決済、すでに活用している人も多いと思います。

しかし、中には「カードやアプリが多すぎて、どれを使っていいかわからなくなった……」という人もいるのではないでしょうか。キャッシュレス決済は確かに便利ですし、ポイント還元などもあってお得ではありますが、うまく使わないと、意外とお金がたまらないものなのです。

そこで提案したいのが、キャッシュレス還元で増えたカードやQR決済アプリの見直しです。どう見直せばいいのか、具体的に紹介します。


カードやアプリが増えすぎるとよくないこれだけの理由

店先などでポイントが2倍もらえるクレジットカードの勧誘を受けると、断れずについつい作ってしまう、あるいはQR決済アプリの大幅還元のキャンペーンを追いかけた結果、スマホにちょっとずつ使ったアプリがたくさん入っているという人はいませんか?

家計に厳しい時代、できるだけ得をしたいと思う気持ちはわかりますが、やみくもにカードやアプリを増やすのはNG。その理由は5つあります。

1.家計管理が難しくなる
どのカードでいくら使ったか、どのアプリにいくらチャージしたかがわからなくなりがち。毎月の支出や残額の合計がいくらかを集計するのも難しくなる可能性があります。

2.お金を使いすぎてしまう
もし、毎月の支出や残額が把握できていれば、「まだ使っても平気」「使いすぎだからセーブしよう」などと、自分で調整することができます。しかし、家計管理ができていないと、そうした調整もできないため、お金を使いすぎてしまう危険があります。

3.ポイントがうまくたまらない
キャッシュレス決済のポイントは、決済のときに利用したカードやアプリに対して還元されます。ですから、あまり複数のカードやアプリを使ってしまうと、その分ポイントも分散してしまうことになります。

4.IDやパスワードの管理が大変
各カード・アプリには、それぞれIDやパスワードがあります。IDやパスワードを面倒だからとすべて同じにすると、万が一第三者に知られてしまったときにとても危険です。だからといって、すべて別々にして管理をするのは大変でしょう。

5.年会費がもったいない
年会費無料のカードも多くありますが、中には「初年度年会費無料」としているカードも。こうしたカードを持ったままにしていると、2年目からは気づかないうちに年会費を支払うことになる可能性もあります。

カードやアプリは使うものを選んで、それだけを使うようにするのがおすすめです。すでにたくさん持っているという人も、その中から使うものを絞り込んで、残りは解約するようにするといいでしょう。

では、具体的にはどのように選べばいいのでしょうか。クレジットカード・電子マネー・QR決済アプリの3つに分けて考えてみましょう。