読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、都心のタワマンに住む45歳の未婚女性。住宅維持費が年々上昇するため、老後資金をいくら貯めたらいいのかわからないといいます。FPの渡邊裕介氏がお答えします。

45歳独身です。32歳で都心のタワマンを購入し、住宅ローンは5年前に完済しました。

管理費・修繕積立金で毎月4万7000万円、固定資産税・都市計画税で年間27万8500円かかり、いずれも毎年少しずつ上昇しています。来年あたりに1回目の大規模修繕があり、150万円ほど一時金を支払う予定で、今後、大規模修繕の度に数百万円を支払う必要があることがわかっています。

年間350万円を貯蓄にまわしており、企業型確定拠出年金、NISA 、外貨定期預金、投資信託などに分散させて合計3100万円ほどありますが、住宅維持費が高額なため、65歳定年までにいくら貯蓄を用意すればいいのかわからず不安です。老後は、住宅リフォームが必要になると思いますが、退職金は望めません。現在の年金支給予定額は16万円ほどです。

<相談者プロフィール>
・女性、45歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(マンション)
・毎月の世帯の手取り金額:33万円
・年間の手取りボーナス額:200万円
・毎月の世帯の支出目安:20万円

【支出の内訳】
・住居費:4.7万円(管理費・修繕積立金)
・食費:4万円
・水道光熱費:1.3万円
・教育費:なし
・保険料:0.2万円
・通信費:0.3万円
・車両費:なし
・お小遣い:5万円
・その他:4.5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:13万円
・現在の貯蓄総額:3100万円
・現在の投資総額:300万円
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ