はじめに

日に日に気温が下がり、季節はこれから冬本番。しかしアパレル業界では、早くも2020年の春夏ファッションに向けた動きが本格化しています。

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング傘下の「GU(ジーユー)」も、そんなブランドの中の1つ。12月10日に2020年春夏事業発表会を開催し、柚木治社長が商品戦略について発表しました。

折しも国内のアパレル業界では、米国の「フォーエバー21」が10月に全店舗を閉鎖し、日本から撤退。ファストファッションの衰退論もささやかれています。事業を取り巻く環境が変わりつつある中で、GUはどんな勝ち残り戦略を打ち出したのでしょうか。


イージーパンツは1000円以下に

事業発表会で柚木社長が何度も繰り返したのは、「ユニクロとの差別化と相乗効果」という言葉。差別化を図るために打ち出したのが、低価格戦略とデザインです。

定番のスウェットイージーパンツを1,990円から990円に、ワンピースやブロードシャツも990円と低価格での販売を発表しました(価格はいずれも税別、以下同)。これまで縫製だけを行っていた東南アジアで生地生産をスタートするなど、効率化を進め、低価格化を実現したといいます。

GUワンピース
低価格戦略として990円のワンピース(右)も投入する

また、「GUは使えるけれど、意外とベーシック」という声を意識して、エッジを効かせた「脱・ベーシック」なアイテムを集めた新ラインを立ち上げました。トレンドに敏感な18~24歳がターゲットです。このほか、ファッションに関心を持ち始める小学校高学年から中学生までの「キッズ」と「ウィメンズ」の間のティーンのラインも立ち上げました。

ティーン向け
小学校高学年から中学年をターゲットにした、ティーン向け新ライン

価格とテイストでユニクロと差別化を図ることで「近接した店舗でも客層が分かれ、お互いの売り上げがアップする相乗効果が出る」と、柚木社長は戦略の狙いを語ります。