はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、夫には退職金も厚生年金もなく、国民年金のみで不安だという40代の共働き主婦。老後2000万円問題が話題になる中、いくら備え、どうやって蓄えたらいいのでしょうか。FPの鈴木さや子氏がお答えします。

主人が個人事業主の元で働いており、従業員が少人数のため、厚生年金に加入していません。ボーナスも退職金もなく、老後が不安です。老後資金として2000万円必要と言われていますが、それは年金がもらえる人の話であり、退職金、厚生年金がもらえないとなると、いくら蓄えがあればいいのでしょうか? またどうやって、蓄えていったらいいのでしょうか? 現在、両親と同居しています。両親にはある程度の蓄えがあり、金銭的な支援は必要ありません。

〈相談者プロフィール〉
・女性、43歳、既婚(夫:42歳、会社員)
・子ども2人:8歳、5歳
・職業:会社員
・居住形態:親の家で同居
・毎月の世帯の手取り金額:40万円
・年間の手取りボーナス額:30万円
・毎月の世帯の支出目安:31.5万円

【支出内訳の目安】
・住居費:5万円
(実家に入れている金額)
・食費:4万円
・水道光熱費:なし
・教育費:4万円
・保険料:5万円
・通信費:2万円
・車両費:3万円
・お小遣い:3万円
・その他:5.5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:8万円
・現在の貯蓄総額:500万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ