趣味

東海道・山陽新幹線の便利でおトクな乗り方

JR東海のネット予約サービス

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

東海道・山陽新幹線の指定席特急券やグリーン券は、乗車する列車が始発駅を発車する日の1ヵ月前の10時から全国のJRの駅や旅行センター、主な旅行会社の窓口で一斉に発売されます。

JRの駅の窓口などで購入できるのは、運賃表や料金表に表示された通常の値段のものですが、今回紹介するJR東海のインターネットサイト予約サイトでは、東海道・山陽新幹線が便利でおトクに利用できる割引特急券を発売しています。また、駅の窓口での特急券・乗車券の受取りが不要なチケットレスサービスが実施されており、スマートフォンや携帯電話で予約・購入することができます。

そこで、今回はJR東海のインターネットサイトにスポットを当て、便利な機能やおトクな利用法についてガイドします。


JR東海のインターネット予約サービスとは?

東海道・山陽新幹線東京~博多間の予約ができるJR東海のインターネット予約サービスには、大きく分類すると「スマートEX」「エクスプレス予約」の2種類があります。気軽に新幹線を予約したい人におススメするのが、年会費無料・手持ちのクレジットカードと交通系ICカード(TOICAやSuicaなど10種類)があれば今すぐ使える「スマートEX」です。そして、おトクに新幹線に乗りたい場合は、年会費1,100円・対象のクレジットカードで入会手続きをする「エクスプレス予約」となります。

通常期の東海道新幹線東京~新大阪間の片道運賃+指定席特急券は、おとな1名14,720円となりますが、「スマートEXサービス」(通常期)はおとな1名14,520円(利用日により発売額が異なる)、「エクスプレス予約・EX予約サービス」ではおとな1名13,620円(1年中発売額は同額)となります。

いずれもパソコン・スマートフォン・アプリからスピーディに予約できるのが魅力で、指定席の場合はシートマップで好きか座席を選ぶことができます。発売開始日は乗車日の1ヵ月前の10時からですが、時刻表に表示された列車発車時刻の4分前まで予約することができます。さらに発売開始日(乗車日1ヵ月前)の7日前から予約できる「事前申込サービス」が利用できます。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ