生活

米国産牛肉はどれだけ安くなった? 「イオン」が関税引き下げで価格改定

人気の2品目が値下げに

1月1日から発効した日米貿易協定。日本は米国産の牛肉やワイン、チーズなど8,000億円規模の農産物に関して、関税の引き下げを実施しました。

これを受けて、流通各社も販売価格の改定に踏み切り始めています。大手スーパーのイオンも、その中の1社。1月9日から、全国の約540店舗で米国産牛肉の販売価格を改定しています。

今回の価格改定によって、牛肉の価格はどの程度、安くなったのでしょうか。価格改定に合わせて報道陣に公開された販売現場を取材しました。


値下げ率は最大で13.5%

イオンが今回、販売価格を改定したのは、「アメリカ産牛肉ばらカルビ焼肉用」と「牛肉ばら味付けカルビ焼肉用(解凍)」の2品目です。常時販売している商品の中でも、特に人気の高い2品目を選んだといいます。

アメリカ産牛肉ばらカルビ焼肉用
価格を改定した「アメリカ産牛肉ばらカルビ焼肉用」

販売価格は、本州と四国の「イオン」「イオンスタイル」の場合、アメリカ産牛肉ばらカルビ焼肉用が改定前は100グラム当たり298円(税別、以下同)だったものが改定後は同278円に、牛肉ばら味付けカルビ焼肉用(解凍)が同148円から128円に変更されています。

値下げ額はいずれも100グラム当たり20円。値下げ率に換算すると、前者が6.7%、後者が13.5%となります。セールでは100グラム当たり98円で販売した事例もありますが、通常時の販売価格として過去最安水準だそうです。

改定価格は2月末まで?

今回の価格改定は日米貿易協定の発効を受けたもので、米国産牛肉の関税は従前の38.5%から26.6%に引き下げられました。税率は毎年4月に下がり、最終的には2033年度に9%となる予定です。

ただ、関税が引き下げられましたと言われても、消費者としては実感がないのも事実。そこでイオンでは、「今回のような価格改定によって、米国産牛肉が安くなっていると実感してもらいたかった」(イオンリテールの剱持彰・畜産商品部長)と、狙いを語ります。

牛肉ばら味付けカルビ焼肉用
もう1つの価格改定商品「牛肉ばら味付けカルビ焼肉用(解凍)」

今回引き下げられた価格は、販売数量を確保できた2月末まで据え置かれる予定。アメリカ産牛肉ばらカルビ焼肉用は52トン、牛肉ばら味付けカルビ焼肉用(解凍)は110トンを用意しているそうです。

3月以降の販売価格については、「米国の市況や為替動向、物流費などの変動が影響するため、現時点では未定」(剱持部長)だといいます。イオンが先行きについて慎重な見方をするのには、ある理由がありました。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ