読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、マイホームの購入に迷う40代の共働き主婦。夫婦別財布のため夫の貯金は不明。妻がコツコツ貯めた貯金を崩して住宅購入することを考えているといいますが……。FPの横山光昭氏がお答えします。

住宅購入について迷っています。5歳の子どもの教育費や老後資金のことを考えると、このまま賃貸のほうがよいのかもと考えてしまいます。

共働きなので、家計のやりくりは毎月互いに15万円出し合って暮らし、残りは自分の小遣いとして使っています。ボーナスも各自で管理です。月13万円を私のお小遣いとしていますが、実際に使うのは4万円ほどなので、残りは貯めています。昨年貯めることができた金額は190万円ほどです。私のお小遣いの使い道は、スマホ代、美容院代、洋服代や家族以外との外食代、実家への帰省費など。

家族の貯金は150万円しかありませんが、私自身は長年コツコツ貯めた2000万円の貯金を持っています。お小遣いから月いくらかをローン返済にあてることも可能なので、住宅購入は私の裁量だけで決められればと考えています。

夫はあればあるだけ使うタイプなので、貯金はないと思います。お小遣いの使い道ははっきりと把握はしていませんが、比較的多く行く出張の経費清算など、きちんとしていないだろうと思えるタイプです。ですが好奇心が強く、行動力もあり、そこがよいところでもあるため、生活費だけ入れてくれればあとは好きにしてもらってよいと思っています。

このような状況ですが、住宅の購入を決めても大丈夫でしょうか?

<相談者プロフィール>
・女性、41歳、既婚(夫:45歳、会社員)
・子ども1人:5歳
・職業:会社員
・毎月の手取り金額:58万円
(夫:約30万円、妻:約28万円)
・年間の手取りボーナス額:170万円
(夫:約90万円、妻:約80万円)
・家族の貯蓄:150万円
・妻の貯蓄:2100万円
・夫の貯蓄:不明

【支出の内訳(27.3万円)】
※生活費は30万円、残りはお小遣い(夫:約15万円、妻:約13万円)
・住居費:12万円
・食費:5.5万円
・水道光熱費:1.2万円
・通信費:0.8万円
・交通費:1万円
・日用品代:0.6万円
・医療費:0.2万円
・保育料:0.8万円
・その他:5.2万円
・生命保険は各自のお小遣いから掛け捨ての医療保険に加入
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ