はじめに

もしもスーパーで「右の入り口から入れば定価だけれど、左の入り口から入れば0.5%分ポイントがつきますよ」と言われたら、間違えなく左の入り口から入るでしょう。入り口が違うだけで、得をすることがインターネットの世界ではあるのです。それが今回ご紹介する「ポイントサイト」や「ポイントモール」になります。


そもそもポイントモールとは?

Amazonや楽天市場で買い物をしたいと思ったとき、一般的にはホームページを直接開いたり、スマートフォンであればアプリを開いて買い物をするでしょう。

ポイントモールと呼ばれるサイトはさまざまなインターネットショッピングサイトのリンク集になっています。例えばその中にあるAmazonや楽天市場のリンクがあれば、そこをクリックしてからAmazonや楽天市場のサイトにたどり着き買い物をすると、指定されたポイントが貯まります。

直接目的のサイトに行って買い物をするのではなく、1つのサイトを経由して買い物をするだけでポイントがつくのであればポイントモールを経由したほうがおトクですよね。

なぜポイントモールを経由するだけでポイントがつくのか、さまざまなケースがありますが大まかに言うと、ポイントモールにリンクされているショッピングサイトが広告料のような形で売り上げに応じた金額をポイントモールに支払っています。その一部をポイントモールが利用者にポイントとして還元する仕組みです。

以前から存在していた「ポイントモール」

最近になって話題になってきたポイントモールですが、実は10年、15年、それ以上前から存在していたようです。注目されはじめた一つの要因として、LINEの利用者がLINEのポイントモールである「LINEショッピング」の存在を知り、今までポイントを意識していなかった層に届いたことがきっかけではないかと思われます。