生活

「コンビニ強盗よりも安全」、犯罪行為に導く“闇のリクルーター”のあきれる誘い文句

”高額報酬”の文字につられてはいけない

昨年11月にアポ電話をかけてから強盗を行ったとみられる犯人らが逮捕されました。そのきっかけになったのが、闇サイトの求人募集です。今や、ネットを通じれば簡単に、犯罪に加担ができてしまう恐ろしい時代です。では、犯罪者を募るリクルーターたちは、どのような言葉で、未犯者らを犯罪へと駆り立てていくのでしょうか。


SNSが闇バイトの主流に

詐欺や強盗などの犯罪者を募る手段として用いられているのが、SNSの書き込みや闇サイトの募集です。

そこには“短時間”で“高額な報酬が得られる”ことが謳われています。しかし一見しただけでは、なんとなくブラックな仕事であることは推察されますが、どんなことをするのかは、文面からだけでははっきりしないようなものもあり、そのため連絡を取ってしまう人は多いのです。

以前に、闇サイトでの求人募集の実態をロケした時も「高額案件あります。体力に自信がある方」との書き込みに連絡を取ると「相手に重傷を負わせることができるか」と、強盗に入ったときに躊躇なく相手に危害を加えられるかを尋ねてきたこともあります。

また別な募集では、犯罪を紹介するリクルーターから「裏の仕事で、“黒カツオのたたき”の仕事もある」と言われたことも。これは隠語で、詐欺などのブラック(黒)な方法で金を集めた人(カツオ)を狙って、強盗(たたき)をする仕事でした。

もともと不正な金なので、警察には通報できず、強盗も発覚しないというのです。その時、スタンガンを持っていくような話もしていました。

こうした強盗に誘う募集もある一方で、やはり多いのが、詐欺行為に勧誘するものです。しかも募集の主流は、闇サイトからSNSへと移ってきています。掲示板に比べて、すぐに連絡が取れるなど、スピード感があるからでしょう。

では、どうやってリクルーターらは、応募してきた人たちを言葉巧みに、犯罪に駆り立てていくのでしょうか。テレビ番組にて、その辺りを芸人さんと一緒に調査しました。

SNSで、#闇バイト、#裏バイトと検索すると「本日案件あり。興味ある方、DMください」「3時間で10(万)」「1件あたり6(万)」というたくさんの書き込みが出てきます。

また、こちらから「お金がない」と書き込むと、すぐに「いいね」がつく状況です。お金がなくて何が「いいね」なのか、と思ってしまいますが、犯罪に誘うものにとっては、この上ないカモなので「いいね」ということなのでしょう。

そのなかに「お金に困っている人がいましたら、お仕事紹介できます。気になった方がいたら、DMでご連絡ください」というものがありました。連絡を取ると、テレグラムで話をしたいということでした。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ