海外で就職をする。なんだか、とてつもなくたいへんな「偉業」のようにも思えてしまうものかもしれません。しかし、ほぼすべての海外在住日本人は、現地に進出している日系企業で働いているのです。つまり、就職先は日本の会社。だから日本の仕組みの中でシューカツをして、職を求めていくことになります。その傾向は、アジアではとくに顕著といえます。


面接はスカイプでも可能

転職しよう!と思い立ったとき、いまは誰もがまず、人材・転職サイトに登録することからはじめるのではないでしょうか。海外就職も同じノリでいけるのです。

数ある転職サイトの中には、グローバル化した社会を反映して、海外就職、アジア就職に特化したものもあります。一般の転職サイトでもアジア勤務の仕事はたくさん見つかるでしょう。とりあえず「タイ 転職」「バンコク 求人」なんてキーワードで検索すると、実にさまざまな業種の求人がヒットします。

じっくりと目を通してみると、タイではどんな仕事が求められているのかが見えてきます。やはり目立つのは製造業で、営業や工場管理の経験者の求人がたくさん並びます。金型やエンジニア、設計といった職人系も。それにIT、ホテルなどの旅行関係、和食レストラン、メディア関連……。

バンコクにはビジネスチャンスがあふれており、日本人の若者も増えている

日本のこうした業界で働いた経験があると、やはり有利です。それと当然ではありますが、日本での社会人経験を求める企業がほとんどです。一般常識や、最低限のPCスキルを備えていることの目安でもあるからです(そもそもタイの労働許可証取得の条件に、日本での前職の在職証明書が必要)。

待遇は5万バーツ(約17万6,000円)から、条件次第で8~10万バーツ(約28~35万円)、あるいはそれ以上というところもあります。これらさまざまな条件を加味して応募し、マッチングしたら実際に面接ということになりますが、いまはスカイプなどネットで行うところが大半です。