キャリア

全国の景気ウォッチャー1837人は「新型肺炎」の影響度をどう見ているか

さっぽろ雪まつりは25年ぶりの閑古鳥

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

今年で71回目を迎えた「さっぽろ雪まつり」は、厳しい環境下の開催になりました。記録的な少雪による雪不足にも見舞われ、雪まつりに使う雪もかなり遠方からの輸送が必要な状態でした。

これに追い打ちをかけたのが、新型コロナウイルスです。中国からの観光客が大幅に減少しただけでなく、感染を心配した地元の小学校や幼稚園が団体来場を取りやめたようです。開催期間中の来場者数は202.1万人で、過去最高だった昨年の273.7万人に比べて26.2%減少しました。

内訳をみると、大通会場の来場者数は前年比▲18.6%(157.5万人)でしたが、つどーむ会場が同▲44.5%(44.6万人)と大幅に減少しました。リーマンショック翌年にあたる2009年の208.0万人、東日本大震災の翌年である2012年の205.4万人を下回る数字です。

人数比較が長年わたり可能な大通会場分で比べてみると、1995年の150.4万人以来、25年ぶりの少ない来場者数となりました。新型コロナウイルスのマイナスの影響が大きかったことがわかる数字です。


345人の景気ウォッチャーが新型コロナウイルスに言及

2月10日に発表された「景気ウォッチャー調査」(調査期間:1月25~31日)にも、初めて「新型コロナウイルス」という言葉が登場しました。

「中国の新型コロナウイルスによる肺炎が収束しない限りは、客は国内移動も控えているようで、とても経済が活性化していく状況にはなっていない。とにかく大変である」(南関東:旅行代理<(経営者>)に代表されるような、中国を中心に感染が拡大している状況を懸念するコメントが多くみられました。

ただし、中には「現在、新型コロナウイルスの発症で、特定の商品の売行きが良くなっているので、今後、その影響が売上増に現れてくるかもしれない。東京オリンピックに向けての需要の拡大も期待される」(四国:スーパー<店長>)というコメントもありました。

今回の景気ウォッチャー調査で新型コロナウイルスに言及したウォッチャーは有効回答者1,837人中、現状判断で97人、先行き判断で345人に上りました。2003年のSARS発生時には、最大コメント数は5月調査の現状判断125名、先行き判断188名でしたので、先行きに関して新型コロナウイルスの影響を心配する人が多いことがわかります。

SARSが流行した2003年時点で、中国のGDP(国内総生産)の世界に対するシェアは4%でしたが、2018年には16%と大きくなっています。訪日外国人は2019年に3,188万人で、2003年の6.1倍になりましたが、中国人は959万人と同期間に21.4倍にもなっています。2019年の中国人の旅行消費額は1兆7,718億円と、全体の37%を占めています。

2020年ではサプライチェーンやインバウンドなどの影響が2003年当時よりも大きくなることには留意する必要があるでしょう。

<写真:アフロ>

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ