生活

人間関係がうまくいく愛情ホルモン“オキシトシン”って何?

オキシトシンの出し方を知って心と体を豊かにする

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

新型コロナウィルスの影響で、電車やバスなどでの濃厚接触に関して過度なストレスを感じている人も多いことでしょう。今こそ、体と心のバランスをとるために気分転換をする必要を感じます。

その対処として覚えておきたいのが、緊張をとり、信頼感や安心感を増すと言われている救世主的なホルモン。その名は「オキシトシン」(別名:愛情ホルモン)。今回は、このオキシトシンについてお話しします。


オキシトシンはアイコンタクトや肌のふれあいで上昇

まず最初に2015年に米サイエンス誌に麻布大学の研究チームが発表した犬と飼い主を対象とした研究をご紹介しましょう。

実験では、犬と飼い主が互いに語りかけや触れ合い、見つめあいなどを30分間行い、その後、犬と飼い主のオキシトシン濃度を測定した結果、「双方の尿からのオキシトシン濃度が上昇した」ことが判明しました。

この結果から「見つめ合う・語る・触れ合う」事で"心地よい"と感じることとオキシトシンの関係がクローズアップされたのです。

また、別の実験では、犬にオキシトシンを投与すると犬と飼い主とのアイコンタクトが増したということが判明しました。犬がアイコンタクトを多くとることは、信頼関係や安心感が強い時とされ、オキシトシンというホルモンが愛情や信頼・安心に紐づかれたホルモンであることがわかりました。

それまでも様々な研究により、母親が赤ちゃんの目を見つめることで、オキシトシンが促進され、愛情、親近感などの感情が湧き上がることは知られていました。

しかし、前述の犬との実験からも分かるように、オキシトシンは肌の触れ合いによっても高くなり、脳に心地良い刺激として伝わることで出やすくなります。リラクゼーションをもたらすマッサージの研究でも、背中への15分間の施術によって血液中のオキシトシン量が増加することが示されました。

オキシトシンは神経伝達物質として、鎮痛・不安の軽減・共感・他者への信頼感等にも関与していることが近年の実験でもわかってきています。オキシトシンが多く分泌されるためには、心のふれあいやリラックスする肌の接触が1番大切ということになります。

国民全体が過度な予防によるストレスをためている今だからこそ、アイコンタクトをとれる人との楽しい食事など、心の距離を縮める行動をすると、愛情ホルモンと呼ばれるオキシトシンの分泌も増す事を頭の隅に置いておいてください。

オキシトシンの好循環サイクル

オキシトシンの好循環サイクル

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ