橋下徹氏が登壇! 『マネーフォワードWeek』参加受付中

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、新型肺炎の影響でテレワークやシフト調整を迫られ、収入が減る見込みだという30代夫婦。家計は赤字に転落しそうで、この先が不安だといいます。FPの平野泰嗣氏がお答えします。

新型コロナの感染拡大が懸念される中、夫が勤める会社では、一部、在宅でのテレワークを実施することが決まりました。在宅勤務では原則、残業禁止ということなので、これから月当たり2万円程度収入が下がる見込みです。また私も、パート先から仕事量が減っているとの理由でシフトの調整が行われ、月2万円ぐらい減収の見込みです。

これまでは、ゆとりのある生活をし、わずかばかりですが、貯金もすることができていました。夫婦2人で月4万円の減収となると、毎月の収支がマイナスになり、貯金もそれほど多くありませんので、この先、やっていけるかどうか不安で仕方がありません。

<相談者プロフィール>
・女性、32歳、既婚(夫:32歳・会社員)
・子ども:1人(3歳)
・職業:パート
・ボーナス込みの額面年収:472万円
(夫:400万円、妻:72万円)
・手取り世帯月収:30万円
(夫:24万円、妻:6万円)
・現在の貯金:120万円

<毎月の支出状況>
・住居費(家賃):7.5万円
・食費:6.5万円※外食費込み
・水道光熱費:1.5万円
・日用雑貨:1万円
・習い事・子ども費:1.5万円(通信教育、音楽教室)
・被服費:1.5万円
・通信費(ネット、携帯):1.5万円
・保険料:1万円(学資保険)
・夫婦の小遣い:4万円
・雑費:1万円
・毎月の貯蓄:3万円

【ボーナス時】
夏冬10万円ずつ貯金(年間20万円)、あとは家族旅行や買い物に充当。
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ