はじめに

コロナウイルスの世界的感染拡大を受けて、タイでも首都バンコクが「ロックダウン」となっています。ではタイで暮らす7万人以上の日本人はさぞたいへんなのでは……というと、これがそうでもないのです。生活の不自由はもちろんありますが、大きな混乱は起きていません。そこにはタイ人の気質や、気候風土も大きく影響しているのです。

タイ移住を考えるこの連載、今回は「治安」や「非常時のタイ」について考えたいと思います。


ロックダウン下の在タイ日本人は?

あらゆる教育施設の封鎖、食料品や医薬品のほか暮らしに必要な日用品を売る場所以外の店舗の閉店、歓楽街の営業中止……バンコク首都圏でも3月22日から4月12日までの間、ロックダウンが行われています。

それでも、「レストランは持ち帰り限定だけど開いているし、ショッピングモールは食料品と日用品だけなら買えます。スーパーやコンビニは通常通り。パニックなどはありません」とエカマイに住む現地採用の日本人は言います。またタイもフードデリバリーのシステムが発達していて、無数の日本食レストランが対応していることも大きいようです。

物資を買い占める動きも一部で見られますが、そうヒステリックなものではないのだとか。

「調味料やママー(インスタント麺)、缶詰などの保存食は品薄な店もありますが、ヨーロッパのような状態ではありません。持ち帰りのみ営業している屋台も多いし、食料品の心配はあまりないですね」

タイ人の家族とトンブリーで住む、やはり現地採用の日本人は、

「奥さんは、実家に帰ればカオニャオ(もち米)だけはいくらでもあるから、と悠然としたものです。確かに地方の農村に行けば、庭に果物がなっている家はたくさんあるし、川では魚がよく取れる。米は二毛作、三毛作ができるところも多い。土地が豊かなんです。バンコクよりも現金収入は少ないかもしれませんが、飢えることはない。都市部の人たちも地方住みの親戚はいるものだし、いざとなれば田舎に行けば大丈夫、という心理がタイ人の安全弁になっているようです」

と、語ります。

この「自然の恵み」こそ、なにがあってもタイが大きなパニックに陥らない理由なのです。そしてまた「食うだけなら困らないお国柄だから、タイ人はのんびりしているし、危機感を持って仕事に打ち込まない」と、日本人がついつい苛立ってしまう原因ともなっています。これがタイ人から見ると逆に「日本人はどうしていつも忙しく働いて、カリカリしているのさ」ということになるわけです。

何度も「封鎖」に直面してきた経験がある

そしてタイは、さらにタイで暮らす日本人は、この手の「非常時」にけっこう慣れています。古くは1997年のアジア通貨危機、2006年のクーデター、2010年の反政府デモ弾圧、2011年の大洪水、2014年にまたクーデター……。

そのたびに首都は封鎖されてきたのです。しかし、それでも社会は回ってきました。デモなどの当事者はともかく、在タイ日本人が危険に巻き込まれることもほとんどありませんでした。確かに、生活が脅かされているという精神的なストレス、圧迫感はあります。それでも食うことはできるし、ネットがあれば状況もわかる。異国での変事だって、前が見えないようなことはないのです。

繁華街のスクンビット通りもコロナを警戒して人がまばら

こういうときは、慌てずに情報を集め、淡々と静かにやり過ごすこと。それをタイの人々はよく知っています。天災や騒乱にあたっては、反発したり神経質になるのではなく、柳のようなしなやかさで受け流す。そんなタイ人の気質は、タイに住む日本人も持っているように思います。

もっとも、パンデミックが未知の領域まで拡大すれば、この限りではないでしょうが……。