読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、同居する子どもからの援助でなんとか家計をやりくりできているという50代夫婦。老後に不安を抱え、今からiDeCoを始めようか検討していますが、その前に他にすべきことがあると、FPの横田健一氏は指摘します。

夫婦の月々の収入が少なく、今は同居している娘たちが家計に3万円ずつ入れてくれてなんとかやりくりできています。ただ、娘たちが家を出て、それがなくなるとおそらく貯金ができないと思います。

私も主人も退職金のない職場です。これから大きくお金が増えることもなく、余剰資金もないので投資は考えていません。ですが、老後の備えとしてiDeCoを検討しています。60歳までもう間もなくですが、今からはじめても意味はあるのでしょうか。老後資金が足りるのかわからず、とても不安です。

〈相談者プロフィール〉
・女性、52歳、既婚(夫:51歳)
・子ども2人:29歳、26歳
・職業:パート
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:40万円
(夫16万円、妻18万円、長女3万円、次女3万円※長女・次女は家計に入れている金額)
・年間の世帯手取りボーナス額:15万円
・毎月の世帯の支出目安:30万円

【支出の内訳】
・住居費:8万円
・食費:5万円
・水道光熱費:1.2万円
・教育費:なし
・保険料:1.7万円
・通信費:1.7万円
・車両費:3万円
・お小遣い:5万円(2.5万円×2人)
・その他:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:7万円
・ボーナスからの貯蓄額:なし
・現在の貯蓄総額:800万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:150万円(車ローン)
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ