はじめに

3.無駄な固定費を見つけて、カットする

「出費が多い」「なぜかお金が貯まらない」という人は、固定費が多いことに気づいていないケースがよくあります。

固定費とは、毎月一定額が出ていくお金です。「これは高いかな」「あちらの方が安いかな」などと比較することなく、自動的に銀行落とししやクレジットカード払いなどで自動的に引かれているため、すっかり忘れているケースが多々あるのです。

特によくあるのが、スマホ代と保険料。「よくわからないけれど、なんだか多い出費」の代表格です。

スマホ代が1ヵ月あたり1万円程度以上なら、減らせる可能性大。プランを見直してみるほか、数百円でつけているサービスのうち、使わないものがあれば解約しましょう。

格安スマホにすれば、2000~3000円程度という人も多いです(もちろん、使い方によって異なります)。周りで格安スマホに切り替えている人がいれば、使い勝手などを聞いてみるのもいいでしょう。

保険の場合は、中身をよく知っていて、いざというときに使える保険でないと意味がありません。今一度見直して、不要なものがあればカットしておきたいところ。有料でファイナンシャルプランナーの人に相談にいくこともおすすめです。


以上、新型コロナウイルスによる家計悪化を防ぐために、「健康第一で病気やケガに気をつける」「計画的に自炊をして、食費を抑える」「無駄な固定費を見つけてカットする」という3つのポイントをお伝えしました。何よりも健康を大切にして、みんなでこの状況を乗りきっていきたいですね。

この記事は参考になりましたか?