ひふみ投信・藤野英人氏が登壇! 『マネーフォワードWeek』参加受付中

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、子どものいない40代夫婦。転勤が多いためどこに住むかは決まっていないものの、老後の住まいを賃貸にするか購入にするか悩んでいるといいます。FPの渡邊裕介氏がお答えします。

老後の住まいを賃貸にするか、購入するかで迷っています。転勤族のため、どこに住まいを構えるかはまだ決まっていませんし、転勤するたびに妻は赴任地で職探しをしているので無職の期間が発生することもあり、収入は不安定です。現在の妻の年収は150万円ほどですが、30万円になるときもあり、扶養に入ったり出たりしています。

また賃貸にしても購入にしても、老後にどの程度を住居費として準備したらいいのでしょうか。その際、妻の収入はあまり見込まないようにしたいです。公的年金は月23万円、企業年金は月8万円(10年間)、退職金は1500万円の見込みです。老後は都会で過ごす気はありません。アドバイスよろしくお願いします。

<相談者プロフィール>
・男性、46歳、既婚(妻:42歳)、子どもなし
・職業:会社員
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:43万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:170万円
・毎月の世帯の支出目安:27万円

【支出の内訳】
・住居費:7.7万円
・食費:6万円
・水道光熱費:1.2万円
・教育費:なし
・保険料:0.5万円
・通信費:2.1万円
・車両費:1.5万円
・お小遣い:7万円
・その他:1万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:貯金3万円、投資積立などに13万円
・ボーナスからの貯蓄額:170万円
・現在の貯蓄総額:2000万円
・現在の投資総額:株1500万円、投資信託3000万円、国債500万円
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ