読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、貯金ができないため夫の生命保険を解約したいという34歳の主婦。今解約すると元本割れのリスクがありますが、家計が苦しいため支払い続けるか悩んでいます。FPの鈴木さや子氏がお答えします。

妻が時短勤務になり、貯金がまったくできません。そのため、夫の終身保険を思い切って解約したいと考えていますが、アドバイスいただけないでしょうか。

現在、学資として貯蓄性のある生命保険を年間33万円、夫の生命保険(終身)を年間39万円支払っています。前者は、2015年から開始して、17年間で払込が完了、その時点で600万円近くの返戻金がある予定です。後者は、2012年に開始し、払込完了は夫が50歳時です。いま解約すると元本割れします。

ですが、保険料の支払いが苦しく、継続すれば家計にとってさらに損失になるのではと考えています。もちろん、死亡時や三代疾病になると1000万円が支払われますが、夫婦とも退職金がないため、これからは老後のための貯蓄をしたいと考えています。

住居は、転勤もあるのでこれからも賃貸で考えています。なお、夫の手取りの詳細はわからず、毎月家賃以外と携帯代以外の生活費を9万円もらっているだけです。

〈相談者プロフィール〉
・女性、34歳、既婚(夫:35歳、会社員)
・子ども2人:4歳、1歳
・職業:会社員
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:28万円
(夫:9万円※家計に入れている金額、妻:19万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:130万円(妻)
・毎月の世帯の支出目安:26万円

【支出内訳の目安】
・住居費:なし(社宅のため夫の給料から天引き)
・食費:5万円
・水道光熱費:2~3万円
・教育費:3万円(保育料と給食費、習い事)
・保険料:6万円
・通信費:1.4万円
・車両費:なし
・お小遣い:3万円
・日用品:1~2万円
・その他:3万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:1.5万円
・ボーナスからの貯蓄額:10万円
・現在の貯蓄総額:190万円
・現在の投資総額:100万円
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ