はじめに

“STAY HOME”が合言葉の今、ただひたすら自宅で原稿に向かう日々です。先日、必要緊急の私用で自家用車にて多摩地区へ出向くことになりました。翌々日も出向かねばならず、移動を最小限にするということと、折角の機会でもあるので、テレワークで可能な仕事に従事していることに改めて感謝しつつ、大量の仕事を持ち込んで2泊のビジネスホテルステイを決めました。


リモートワーク場所としてのビジネスホテル

とはいえ、目下緊急事態宣言下であり休業しているホテルもあります。観光向けホテルでは特に休業は多いのですが、都市部のビジネスホテルなどは仕事での需要やそれこそテレワーク、リモートワークの滞在場所として利用されているというニュースを見ます。食事の問題もあります。

通常のビジネスホテル泊であれば近くの居酒屋などで夕食を済ますところですが、そうはいきません。やはりテイクアウトを前提としたい。

そうなると商店も多いターミナル駅近くのホテルが候補となります。そんなことを考えつつあるホテルを思いつきました。立川駅南口にある「立川ワシントンホテル」。以前利用した際、確か大きなデスクとデスクワーク向きビジネスチェア、大きなデスクスタンドも完備している部屋があったはずです。調べてみるとこのようなご時世だからか格安で楽々リザーブできました。

さて出掛ける準備をしよう。筆者の仕事はフリーランスの取材&執筆仕事。基本的にはデスクワークであり、いかに快適にデスクへ向かえるかは常日頃取り組んでいるテーマです。すなわち、ホテルでのリモートワークにおいてそうした環境を再現できるのかは大きなポイント。

まずはパソコン。日常的にノートPCで全てまかなっているので特段のストレスはありません。周辺機器やケーブルなども確認。そしてテレビ環境。至極個人的な話で恐縮ですが、テレビをつけながらでないと仕事ができないタイプ。そして“ながら見”でいい。

2

一般に放送されている番組(つい見入ってしまう)ではなく、寅さんや北の国から、美味んぼ、孤独のグルメなど個人的に何度も見ているような映画やドラマが「ながら作業」に向いています。

録り貯めたディスクも相当です。ということでまず小型のブルーレイプレイヤーもバックに忍ばせました。HDMIケーブルも必須だし一番はリモコン。これがなければ動きません。もちろんディスクケースも。また、ホテルに籠もれば特にどこへ出掛けることはないので普段着&部屋着も持参。なるべく自宅と同じ環境にしたいのでホテルの客室着はパスしたい。

3

ホテル到着。まず靴を脱ぐ。お持ち帰りスリッパなのが助かります。個別空調のエアコンと、窓が開閉できるのも嬉しい。さて、ホテルの方に客室テレビへ機器をつなげて良いのか確認します。快諾いただきハイペックなHDMIケーブルまで用意してくれました。感涙です。接続しテレビ本体のリモコンで入力切り替え。無事完了。このホテル、デスクも広いがコンセントが左右にあるのも有り難い。

ネット環境はかなり重要です。オンラインミーティングをはじめ、常時繋ぎっぱなしという人も多いことでしょう。ホテルによっては回線が混雑すると役に立たないこともありますが、そうした情報は意外にも口コミを確認するとわかります。