読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、投資信託が目減りし、解約したほうがいいのか悩む41歳のシングルマザーの方。教育費や車の買い替えなど、出費がかさむタイミングで、どこまで家計を改善できるのでしょうか? FPの氏家祥美氏がお答えします。

教育費や車の買い替えに充てようとしていた投資信託の資産が目減りしています。

シングルマザーで、この春から長女が国立大学2年生、次女が国立看護大学1年生になります。長女は県外で一人暮らし、次女は地元ですが寮に入ります。

今まで子どもたちは塾に行かずに勉強してきました。その浮いた塾代を少しずつ預金や投資信託などにまわし、進学費用や受験費用などに充ててきました。昨年末に初年度分のNISAを解約し、預金と合わせて、2人分の自動車学校の費用や大学のミールカード分、次女の入学金などを支払いました。

今年に入り、投資信託の利益が出ていたので、次女の学費に充てたり、次女が免許を取ったら乗れるように車の買い替え費用に充てようと検討していましたが、現在、投資信託は30万円も下がってしまいました。車の買い替えをするならマイカーローンを組んだほうがいいのでしょうか。それとも、目減りした投資信託を解約したほうがいいのでしょうか。悩んでいます。

長女は今までは学費免除になっていて、今年も申請中です。第1種奨学金も借りていましたが、次女が給付奨学金の第3区分で予約候補生の決定通知がありましたので、長女もおそらく第3区分ではないかと思います。

<相談者プロフィール>
・女性、41歳、独身
・子ども2人:19歳、18歳
・職業:会社員
・居住形態:親の家で同居
・毎月の世帯の手取り金額:18.2万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:80万円
・毎月の世帯の支出目安:17.5万円

【支出の内訳】 
・住居費・光熱費:5万円(実家に入れている)
・食費:1万円
・教育費:3.6万円(長女の家賃)
・保険料:1.8万円
・通信費:0.8万円
・車両費:1万円
・お小遣い:1.7万円
・その他:2万円
※同居している両親と生活費は別。父は契約社員で月収15万円、母は年金のみ。

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:1.3万円
・ボーナスからの貯蓄額:なし
・現在の貯蓄総額:50万円
・現在の投資総額:180万円
(投資信託:130万円、純金積立:50万円)
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ