はじめに

自宅にいることが多いと食事の工夫もテーマになりますが、イザという時にレトルト食品は心強いアイテム。最近では和洋中バラエティに富んだメニューが揃っておりオリジナリティ溢れていますが、元祖レトルトの代表格といえばカレー。近年、ホテルのオリジナルのレトルトカレーも注目されていますが、今回はいくつかのオススメを紹介します。


伝統のホテルとカレーの親和性

伝統のホテルには伝統のカレーがあると言われますが、それだけホテルとカレーの親和性は高いと言えます。ホテルカレーのクオリティはお墨付きという中で、レトルトとして売り出すケースが相次いでいます。人気ホテルカレーとしてまず筆者が思い浮かべるのが「パレスホテル東京」です。

1977年~2009年の長きにわたって、ランチタイムのみ営業していたカレー専門店「IVY House」(アイビーハウス)へは多くのファンが訪れました。そんなパレスホテル東京で発売されているレトルトカレーが「パレスホテル オリジナルカレー」。レトルトカレーにも伝統というエッセンスが味付けされています。当時を知っている方ならば懐かしさもこみ上げてくるのではないでしょうか。

クラシックホテルのレトルトカレー

伝統のホテルといえばやはりクラシックホテルをイメージします。横浜の「ホテルニューグランド」といえば、カレー以外にもホテルニューグランド発祥というメニューが多いことで知られていますが、ホテル名物カレーはレトルトとして販売されており、気軽に家庭で楽しむことができます。口に含むといい香りとなんとも奥深いコクを感じます。

また、クラシックホテルのレトルトカレーで筆者が注目しているのが「雲仙観光ホテル」(長崎)の“伝統のビーフカレー”。雲仙観光ホテルは1935年(昭和10年)創業のクラシックホテルですが、伝統のレシピをレトルトカレーで再現しています。とにかく芳醇なコクがクセになります。まるでビンテージワインのようなホテルの歴史をも想起させる深い味わいです。