はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、昨年離婚した48歳会社員の女性。老後の住まいを考えたとき、マンションを購入すべきか悩まれています。購入がよいか、賃貸のままがよいか? FPの三澤恭子氏がお答えします。

去年、離婚してシングルになりました。今は賃貸物件に住んでいますが、老後のことを考えると、1000万円ぐらいの中古マンションを購入しようかと考えています。できれば定年(65歳)までに住宅ローンを完済できたらいいなと思っていますが、毎月の支払いと管理費、修繕費、駐車場代も考えると厳しそうなので、20年のローンを組んで購入しようかと考えています。

ただ、購入するとしても、今より月2万円は住宅費がかかることになり、結構しんどいかなとも思い、迷っています。固定資産税なども考えると買わない方がいいのか、老後を考えると少し頑張ってでも買った方がいいのか、かなり迷っています。

老後資金としては、別れた夫からあと9年は月5万円が振り込まれることになっているので、それをiDeCoにまわそうと思っています。65歳過ぎても働けるなら、働き続けるつもりです。買う、買わない、どちらがベストな選択のでしょうか。アドバイスしていただけるとありがたいです。

<相談者プロフィール>
・女性、48歳、独身(離婚)
・子ども3人:25歳、23歳、20歳
・職業:契約社員(時給)
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:17~22万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:30万円
・毎月の世帯の支出目安:16万円

【支出の内訳】
・住居費:5.8万円
・食費:3万円
・水道光熱費:1.2万円
・教育費:なし
・保険料:なし
・通信費:1万円
・車両費:0.4万円
・お小遣い:2万円
・その他:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:1~4万円
・ボーナスからの貯蓄額:20万円
・現在の貯蓄総額:550万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし

三澤: ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの三澤恭子です。3人のお子さんも成人され、相談者様ご自身のセカンドライフを考える時が来ましたね。衣食住の要となる住まい選びは、安い買い物ではないので迷うのも当然です。相談者様にとってベストな選択は何か、一緒に考えていきましょう。