インドネシア政府は5月21日、同日の新型コロナウイルス感染症による新規感染者数が973人となり、過去最多を記録したことを発表しました。

同国で最初の感染者が確認されてから2ヵ月が過ぎましたが、未だ感染拡大に歯止めがかかっていません。


新型コロナ感染者急増の背景

インドネシアで新規感染者数が急増している理由のひとつは検査数の増加です。ジョコ・ウィドド大統領は1日1万件の検査を指示してきましたが、日によって検査数にばらつきがあるほか、人口規模に対する検査数の不足が指摘されてきました。医療体制の再構築が進む中、検査数が増加し新規感染者数が急増しているとみられます。

また、4月10日からジャカルタ首都圏などで「大規模な社会的制限(PSBB)」と称する感染拡大防止策が発動され、就労や学校教育、宗教活動などあらゆる人の移動が制限されています。長引く大規模制限により、生活に困窮した無症状の感染者が規制の網をかいくぐって地方に帰省し、ウイルスを拡散している可能性も指摘されています。

このように感染拡大が深刻化する一方で、国営企業省は5月15日に「国営企業のニューノーマル(新常態)予測シナリオ」を発表しました。指針によると、5月25日以降5段階に分けて経済活動を再開し、8月初旬には国営企業の経済活動を正常化する方針です。

予測シナリオ

国営企業省とは別に、経済調整省も経済回復に向けたロードマップを示すなど、政府が出口戦略を模索する中、ジャカルタ特別州のアニス・バスウェダン知事はPSBBを6月4日まで延長することを発表しました。

さらにレバラン(断食明け大祭)休暇を控え、5月14日からジャカルタ首都圏外との往来を一部の業種を除いて禁止するなど、事実上の封鎖措置に踏み切っています。

アニス知事は以前より、新型コロナによるジャカルタの死者数は保健省発表の約7倍に上る可能性があると述べるなど、中央政府のデータに不信感を示しており、中央政府と地方政府の不協和音が浮き彫りになっています。

<写真:ロイター/アフロ>