はじめに

以上をまとめて、適正な物件購入金額は?

これらを踏まえて、どのくらいの物件購入が適正でしょうか。

65歳退職までに1800万円を準備するとすれば、あと20年で900万円を貯める計算となります。単純計算で、年間45万円の貯蓄が出来れば可能です。現在の年間貯蓄が140万円/年なので、住宅ローンを組むことにより95万円/年、月々約8万円の負担増が目安となります。現在の家賃が4.4万円/月なので、足すと12.4万円/月が住居費となります。もし、中古マンションを購入して管理費・修繕費が2.4万円/月程度と仮定すると、住宅ローンの返済額の目安が約10万円/月となります。
→借入金額2000万円、固定金利1.5%、返済期間20年、返済額9万6509円/月 

頭金等は考慮していませんが、大体2000万円程度の物件であれば、目標とする貯蓄は可能です。

今回は、現在の生活費を基準に試算をしましたが、実際にどのような老後の生活を送りたいか、その為にはどのくらいの生活費が必要かによって金額は異なってきます。また、現在奥様はパートでお仕事をされているので、どのくらいの収入が何歳まで見込めるかによっても変わってきます。

大事なのは、これから住宅購入も含め、どのような生活を送りたいのか。それに対して、どれくらいの収入が見込め、どう生活設計をするのかです。ぜひ、住宅購入の検討と合わせて、ご主人と今後の生活について話し合ってみてください。経済的な目標の優先順位を付けることで、具体的な貯蓄計画や生活設計が見えてきます。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。

この記事は参考になりましたか?