はじめに

休日は、本格的なお菓子作りに挑戦してみませんか? 大人も子供も大好き、手土産にしても喜ばれる ふわっふわ“ロールケーキ”の紹介です。

焼き目のついた面を外側に巻く「外巻き」は、表面にひびが入って失敗することも多々あります。

ひび割れしないコツは、キメ細かい生地を作ること。

卵黄と卵白を分けずに一緒に泡立てる「共立て」で、しっかりと生地を作りましょう。生クリームもしっかりと泡立つ“動物性”のものを使用しました。(“植物性”だと緩やかなクリームになってしまい失敗する経験が多いので・・・)

冷蔵庫で十分に冷やしたロールケーキはふわっしゅわっ、とろける食感。みんな大好き“ロールケーキ”をマスターしましょう!

1


『ミルクロールケーキ』材料(25cm×25cm型×1台分)

材料 分量
バター 20g
牛乳 大さじ1
L2個(120g程度)
グラニュー糖 70g
薄力粉 50g
バニラエッセンス 5滴
生クリーム(動物性、乳脂肪分43%のもの使用) 150ml
グラニュー糖 10g
湯煎用のお湯 適量

『ミルクロールケーキ』作り方

1. 生地を作る。耐熱容器にバター、牛乳を入れラップをして、600wの電子レンジで40秒加熱して溶かす。

2. ボールに卵2個、グラニュー糖、バニラエッセンスを入れて、湯煎を当てながら電動ホイッパーで混ぜ合わせる。

2

人肌程度に温まったら湯煎から外し、白くもったりするまで5分程度“高速”で泡立てる。“低速”にしてさらに2分程泡立て、キメを整える。(爪楊枝を刺して倒れないくらいが目安)

3

3. 薄力粉を2回に分けて加え、その都度混ぜ合わせる。

4

合わせたバター+牛乳をヘラに当てながら全体に回し入れ、しっかり混ぜ合わせる。

5

4. ロールケーキの型が無い場合、アルミホイルで型を作り、その上にオーブンシートを敷いて代用する。

6

オーブンを200℃に予熱する。天板に型を置いて生地を流し込み、天板ごと上から2~3回落として空気を抜く。

7

180℃に下げたオーブンで焼き目がつくまで焼く。(13分程度)

8

焼き上がったら型から(アルミホイルから)取り出し、冷ましておく。

5. クリームを作る。生クリームにグラニュー糖を入れ、電動ホイッパーで八分立てにする。

ラップを大きめに敷き、焼き目を下にして生地を置きオーブンシートをゆっくり取る。

巻き終わりの部分を斜めにカットする。

泡立てたクリームをまず平らに塗り、最後に手前5cmを厚めにしておく。(巻きはじめ、芯になる部分)

9

生地がひび割れしないようゆっくり巻いていく。巻きはじめを少々きつめに巻いたら、あとはラップを引っ張って生地を転がすように巻いていく。

11

冷蔵庫で1時間以上冷やして完成。

10

ポイント

・卵の泡立てはしっかり行って下さい。そして、きちんと泡立てた卵液にしっかりと粉を混ぜ合わせて下さい。割れにくいスポンジを焼くコツです。
・オーブンの温度、焼成時間は適宜調整して下さい。

レシピ/ akari
浦和「kurasu_life料理教室」主宰。フードスタイリスト、食育メニュープランナー。野菜をたくさん取り入れること、旬のものを食べて四季を楽しむこと をモットーに毎日料理しています。中国在住経験がある為、中国料理・アジアン料理も好きです。Instagramには、家族の為に作った日々の御飯を投稿しています。

(この記事はケノコトからの転載です)