米国内での経済活動再開が始まったのが5月後半。そのような中で6月5日に発表された米5月雇用統計の非農業部門就業者数は、マイナス想定だった市場予想よりも非常に強い、びっくりする強さだったことはまだ記憶に新しいと思います。


注目の6月雇用統計の行方は

そして、7月2日に発表された米6月非農業部門就業者数(以下 NFP)は、市場予想の前月比323万人に対して、同480万人となり、2ヵ月連続の予想を超える改善となりました。あわせて、4~5月(2か月分)は9万人分上方修正されました。

さらに、米6月失業率も市場予想の12.5%に対して11.1%と2か月連続の予想を超える改善。米失業保険継続受給者数をもとに計算した筆者の予想では、5月の失業保険受給者数がやや減少していたため、「6月のNFPはプラス150万人前後」としていました。

(出所)米労働省発表データより大和証券作成

注目ポイントはここ

筆者が今回の米6月雇用統計で注目したのは、広義のサービス業雇用者数の改善です。今回のリセッションはこれまでとは違い、サービス業(非製造業)を中心とするものであったと考えています。なぜなら、ロックダウン宣言、ステイホームの呼びかけにより、街から人がいなくなったからです。

筆者が4月までよく通っていた勤務先近くの日本料理屋さんは、非常事態宣言の前にもかかわらず4月に、「リーマンショックの時よりひどいですよ。だって、人が歩いてないんですもん。リーマンショックの時は人が通りを歩いていました」と嘆いていました。

そして、国境閉鎖まではいかないまでも、移動・渡航制限等により宿泊・レジャー関連も大きな打撃を受けました。これらのサービス業(非製造業)雇用者数は、新型コロナウイルス(以下、COVID-19)感染拡大懸念以前に戻ることはないまでも、どのくらい回復しているかが注目される点でした。

結果として、全体の人数を考慮すると、米製造業と米サービス業の規模の違いはありますが、米サービス業の雇用者数落ち込みからの回復はまだまだ先と言えそうです。

(出所)米労働省発表データより大和証券作成