はじめに

新型コロナウイルスの影響で、生活習慣や健康に関する意識が変わったという人も多いのではありませんか。緊急事態宣言が出ている間は、生命保険の対面での販売は自粛になりましたが、ネットでの申込が急増しました。

「保険市場」のオンラインによる申込みは、2020年3月は、前年同期比で182.4%も急増したそうです。また、ネット保険を中心にしているライフネット生命も前年同期比約27%の増加だったそうです。そこで、このコロナ禍で保険に入れるのか? また、入った方がいいのか? など気になる点を解説します。


コロナ禍で医療保険に入れる条件とは

毎日、新型コロナウイルスの新規感染者数のニュースを気にしながら生活をしている人も多いですよね。たぶん、この状態というのは、長く続くのではないかと思います。これが「ニューノーマル(新しい日常)」になってくるのでしょう。

気になるのは、新型コロナウイルスが世界中に広がっている中、保険に入れるのか? ということですね。しかし、心配する必要はありません。いままで通り普通に保険に入ることはできます。

保険の種類や保険会社によって、告知内容や審査基準などは違ってきますが、問題なければ保険に加入できます。

告知内容は各保険会社で変わりますが、医療保険の一般的に下記のようになっています。

1. 最近3か月間以内に診察・検査・投薬を受けたことがあるか?
2. 過去5年以内に入院・手術を受けたことがあるか?
3. 過去5年以内に7日間以上にわたる医師の診察・検査・投薬を受けたか?
4. 過去2年以内に健康診断か人間ドックを受けて、異常を指摘されたことがあるか?
5. 身体障害の有無について(視力・聴力・言語・そしゃく機能などに障害があるか、手足・指・背骨・関節などに欠損・変形・障害があるか?など)

新型コロナウイルスの感染経験者は保険に入れるのか?

すると、ここで疑問がわくのが、新型コロナウイルスに感染した経験者は保険に入れるのか? ということです。これは、保険会社によって対応が違っているようです。

まだ新型コロナウイルスは研究途中で、その特性などが完全に解明されておらず、健康へのリスクがよくわかっていないからです。実際に、保険契約は可能なのかを、何社かの生命保険会社の広報に確認を取ってみました。回答としては、告知内容を確認して個別に対応していくそうです。

新型コロナウイルスに感染して重症化した人は、入院することになりますし、PCR検査で陽性になっても、無症状だったり軽症だったりする人がいると思います。これらの人たちは、前述した告知内容の項目に引っかかったとしても、保険に入れないと言うことはありません。告知内容を総合的に判断してから、引受を判断するそうです。

また、PCR検査をした場合、PCR検査の結果が出るまでは、保険に入ることはできませんが、「陰性」という結果が出たら、通常通り保険の引受になるので、検査を受けたからという影響はないそうです。

全部の保険会社に確認したわけではありませんから、各社によって対応は異なります。また新型コロナウイルスの研究が進んでいくと、対応も変わっていくと思います。個別にご確認ください。