はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、52歳、会社員の男性。60歳時点でローンが1250万円残っているのに、手取りが月7万円減ってしまい、老後が不安とのこと。FPの渡邊裕介氏がお答えします。

手取りが月7万円も下がり、住宅ローンも60歳時点で1250万円程残り、老後の生活がものすごく不安で眠れなくなる日もあります。中途入社のため、退職金も500万円程しかもらえず、住宅ローンの返済で無くなってしまいます。

同居している妻の母は、78歳で年金10万円があるが身体が少し不自由になってきていて妻が面倒をみているので妻はアルバイトが精一杯です。妻の母からは年金から食費を負担してもらっている。

【相談者プロフィール】
男性、52歳、既婚(妻、52歳)
職業:会社員
住居の形態:持ち家(戸建て)
子どもの人数:1人(23歳 ※就職して一人暮らし)
同居の家族:妻、妻の母
毎月の世帯の手取り金額:32万円(夫28万円、妻4万円アルバイト)
年間の世帯の手取りボーナス額:100万円
毎月の世帯の支出の目安:27万円

【支出の内訳】
住居費:7.7万円
食費:2万円 ※会社での昼食代や外食費や飲み会費は各自で支払う
水道光熱費:2万円
保険料:2.7万円
通信費:2.5万円
車両費:1.2万円
お小遣い:1.5万円
その他:固定資産税12万円/年、自動車税3.5万円/年

【資産状況】
毎月の貯蓄額:4万円
ボーナスからの年間貯蓄額:80万円
現在の貯蓄総額:400万円
現在の投資総額:100万円
現在の負債総額:1850万円
退職金:相談者500万円
年金:夫婦で22万円程

【ローン】
住宅ローン:購入額3000万円、借入額2800万円、 金利1.3%
購入年2008年40歳、返済期間35年・完済時75歳、残債1850万円
2015年借り換え時に返済額軽減で繰り上げ返済実施
2018年に夫が精神疾患により当面は借り換えや保険の見直しはできない

渡邊: こんにちは。ファイナンシャルプランナーの渡邊です。

老後の生活準備についてのご相談ですね。今のまま生活していくと、60歳時点で住宅ローンが1000万円以上残っており、収入も減ってしまった中、老後の準備が十分なのかどうか不安ということです。

この不安という気持ちは、先行きがどうなるか見えないことに対して抱くことが多いかと思います。今のままだとどうなるのか、また生活が安心して出来る為には、今からどのような準備をしていけば良いのかが分かると、日々の生活に安心が生まれます。

まず、ご自身の老後の生活について考えてみましょう。今回は、今の生活費をもとに考えますが、実際にはリタイア後どのような生活を送りたいか、老後やりたいことなども具体的に思い浮かべながら考えるのをおすすめします。