はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、23区にお住まいの、31歳共働きのご夫婦。子どもをもつつもりも、マイホームを建てるつもりもないというライフプランをもっていますが、老後のためにいくら貯めればいいのかわからないと言います。FPの氏家祥美氏がお答えします。

夫婦で一生都内23区に賃貸住まいを考えていますが、定年退職までに夫婦で貯めておくべき必要な金額がわかりません。また、固定費をこれ以上下げられません(引っ越す予定はないので住宅費は変更不可)。可能な限り夫婦共に定年まで正社員、子どもは持たない予定です。

【相談者プロフィール】
女性、31歳、既婚(夫:31歳)
あなたの職業:会社員
子どもの人数:なし
住居の形態:賃貸
毎月の世帯の手取り金額:44万円(相談者年収480万円 ※コロナ禍の打撃で最低でも年収100万以上減る予定、夫年収600万円)
年間の世帯の手取りボーナス額:私の会社のボーナスは、年によってかなり変動し、ボーナスが年収の割合を大きく占めるので年収に大きく響くのが悩み。昨年実績は200万。
毎月の世帯の支出の目安:22万円

【支出の内訳】
住居費:13万円
食費:3万円
水道光熱費:1万円
保険料:0.3万円
通信費:0.4万円
お小遣い:4万円

【資産状況】
毎月の貯蓄額:22万円
ボーナスからの年間貯蓄額:200万円
現在の貯蓄総額:3000万円
現在の投資総額:0
現在の負債総額:0

氏家: 今回は、31歳の共働きご夫婦から「定年退職までにいくら貯めておくべきか」というご相談です。貯めておくべき金額は、各家庭によって異なります。そこで、3つの視点から、貯めるべき金額を考えていきます。

(1)今後の貯蓄可能額
(2)老後の生活費
(3)公的年金額