はじめに

高校の学費は負担が軽減される

お嬢さんの学費を心配されていますが、家計を見直して貯金を増やしていけば大きく心配しなくても良いのではないかと思います。というのも、都内では以前から私立高校の授業料の補助をしていましたが、それが国の制度として全国的に始まりました。特に都内では独自の補助があり、年収910万円までは授業料を46万1000円まで補助してもらえます。全国的には年収590万円までが39万6000円の補助を受けられ、自治体によっては独自の上乗せをしているところもあります。つまり、授業料がかからず、設備費やPTA会費など実費部分だけで通えるようになりますから、負担はかなり少なくなるのです。

中学校は変わらず授業料がかかりますが、高校生になったら幾分か楽になりますから、その時を貯めどきとして貯金を頑張りましょう。

万が一、教育費がうまく貯められなかったら、大学入学の前にお子さんと学費の負担について話し合いましょう。お子さんのアルバイトで学費の一部をまかなえればなんとかなるケースもありますし、奨学金を借りた方が良いケースもあります。もし奨学金を利用するなら、必要最低限で就労開始後の返済負担が大きくならないようにすることも大切です。

先を考えると不安は大きいと思いますが、今は「今できること」をしっかりとし、将来に備えましょう。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。

この記事は参考になりましたか?