はじめに

副業YouTuberが儲かっている!?

――副業する人たちは儲かっているのでしょうか?

ケース・バイ・ケースですね。

前述の通り会社員は20万円以上の利益が出た時に確定申告しますので、確定申告関連の相談件数が増えている現状から考えると、それくらいの利益は出ているのだと思います。

レアケースですが、ものすごく儲かっている人もいます。その代表的な例といえるのが、YouTuberですね。YouTubeで利益が出たという相談者は増えていますし、YouTuberが事業と軌道に乗ってきたので退職して法人を作りたいという相談もあります。

――そんなに儲かるものなのですか?

うまくいけば儲かるでしょうね。再生回数によって違いはありますが、一般的には、登録者数10万人で年商1,000万、100万人で1億円ともいわれる世界です。稼げるようになるまでは厳しい道のりでしょうけど、夢はありますよね。芸能人がYouTubeに流れる気持ちもわかります(笑)。

また、芸能人の場合は人を雇い、チームで動画を作りますので、その分だけ経費がかかります。一方、会社員の場合は個人がほとんどですから、利益が丸々取れます。そこも儲かりやすい理由の1つなのだと思います。

――ヒロさんも、ヒロ税理士として「税理士YouTuberチャンネル!!」を運営しています。

はい。会社員の副業とは少しニュアンスが違うかもしれませんが、登録者数と再生数が増えれば、今後、事業として伸びていく可能性はあるのではないかと期待しています。

ただ、再生回数に関してはジャンルによる差があります。私の動画は税金というニッチなテーマなので、あまり伸びません。一方、エアロビクスやヨガなどは登録者が増えやすい人気ジャンルですし、何度も見ますよね。そういう動画の再生回数が増えやすく、収益化しやすい傾向があるんです。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]