はじめに

年収400万→800万でも、幸福度のアップは5%?

また、日本をふくむ世界140か国の収入と幸福度の相関を計算した研究では、こんな結論も得られています。

◉ 年収が400~430万円を超えた場合、そこからさらに幸福度を5%高めるには追加で年に400~430万円が必要になる

つまり、すでにあなたが年に400万円を稼いでいるなら、もし年収が倍になったとしても、ほんのちょっとしか幸福度は上がらない可能性があるわけです。もちろん現在の日本人の年収は約350~360万円ぐらいが中央値なのでもう少しのびしろがありますし、各国で税負担の割合やインフレ率などが異なるため、これらの数値は必ずしも正確だとは言えません。

さらに細かいことを言えば地域によっても生活コストは変わるため、大都市と地方でも上限は変わるでしょう。とはいえ、多めに見ても私たちの幸福度が年収400~500万のあたりから上昇しづらくなる可能性は高いと言えます。

年収アップだけを追いかける人生は、どうしても費用対効果が低くなってしまいます。それならば、数パーセントの幸福度を上げるためにあくせく働くのをやめて、最低限の衣食住を満たしたあとは、空き時間を趣味に費やすというのもひとつの生き方でしょう。

科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方 鈴木 祐 著

科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方

この記事は参考になりましたか?