はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、38歳、自営業の男性。危険な作業があるため、65歳までにはリタイアをしたいと考えていますが、今のマネープランで叶うでしょうか。FPの横田健一氏がお答えします。

個人事業で建設業を営んでいるのですが、屋根上での作業が主なため、65歳までにはリタイアを考えていますが可能でしょうか?

個人事業なので毎月の収入はばらつきがありますが、年収で毎年1000万程になります。10年後も変わらず同じ収入があるかはわかりません。

毎月、小規模企業共済7万、iDeCo5万、国民年金基金1.7万、NISA3.3万、米国ETF4万 積立を優先して、残りは貯金しています。まとまった貯金ができると個別株かETFに投資しています。年金は厚生年金の加入は5年間、後は国民年金のみです。将来、母親の介護をする事になると思います。母親の年金は把握していません。リタイヤと同時に小規模企業共済を受け取り、なくなればiDeCoを解約するつもりです。


【相談者プロフィール】
男性、38歳、自営業(未婚・既婚:その他)
子どもの人数:2(18歳、19歳)
同居家族について:母親
住居の形態:持ち家(戸建て)
毎月の世帯の手取り金額:75万円
年間の世帯の手取りボーナス額:0
毎月の世帯の支出の目安:27.5万円

【毎月の支出の内訳)】
住居費:0
食費:5万円
水道光熱費:1万円
教育費:3万円(養育費、2年後まで)
保険料:1万円
通信費:0.6万円
車両費:3.8万円(ガソリン、駐車場)
お小遣い:5万円
その他:8万円(税金等)

【資産状況】
毎月の貯蓄額:45万円
ボーナスからの年間貯蓄額:0
現在の貯蓄総額:840万円
現在の投資総額:1840万円
現在の負債総額:0
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ