ひふみ投信・藤野英人氏が登壇! 『マネーフォワードWeek』参加受付中

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、IT系企業に務める41歳男性。仕事に生かすために、セミナーやトレーニング、交流会など、積極的に自己投資をしており、出費が膨らみなかなかお金が貯まらないといいます。FPの横山光昭氏がお答えします。

自己投資にお金をかけ、稼げるようになりましたが、貯金が一向に増えません。

今まで、業界の研究会や勉強会、有料セミナーに参加したり、書籍をかなり読み、自分に力をつけてきました。今では社内でもかなりの職責を担わせていただき、その勉強が役立っていると感じています。

また、勉強するにも仕事に熱中するにも体力と体調管理が大切だと思い、パーソナルトレーナーのもとで体づくりをしています。ストレス発散にもなり、メリットは大きいと感じています。

仕事の幅を広げるための交流会参加費などの交際費もかかりますし、色々な方にお会いするのに身なりに気を使わなければなりません。支出が結構多くなってしまい、毎月収入を使いきるどころか、貯金から補填することもあります。

また、スマホゲームの課金も良くないとは思っているのですが、気分転換、ストレス発散に欠かせません。一番リラックスできる時になるのです。

これだけ使っているからお金がたまらないのだと言われればそれまでですが、最近五つ下の弟がマンションを購入したということもあり、今のままでは兄としてのメンツがたちません。なんとか貯められるようになり、マンションを買う、車を買うなど、しっかりできているところを親兄弟に見せたいです。どのようにしていくと良いでしょうか。

【相談者プロフィール】
男性、41歳、IT系企業の会社員
毎月の手取り収入:約66万円
年間の手取りボーナス:約250万円
貯金:150万円
他、投資等の金融資産はなし

【支出状況(総支出額:66万円)】
住居費:16万4,000円
食費:9万6,000円
水道光熱費:1万8,000円
通信費:3万8,000円
生命保険料:2万5,000円
生活日用品:1万8,000円
医療費:2万2,000円
教育費:7万4,000円(勉強代)
交通費:2万6,000円
被服費:5万1,000円
交際費:4万2,000円
娯楽費:5,000円
嗜好品:2万2,000円
その他:2万8,000円
未精算経費:3万1,000円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ