はじめに

クレジットカードの申し込みの審査に通らない理由、重要視される『信用情報』とは?では、「信用情報」について、解説しました。今回は自分の信用情報を傷づけないためにはどうしたらいいのか、を掘り下げます。思わずやってしまった行動が、実は信用を落としているかも……意外な落とし穴に注意が必要です。


自分の信用情報を傷つけないために、気を付けたいポイント

いわゆる、ブラックリストとは?

審査に通らなかった経験がある方は、自分は「ブラックリスト」に載ってるのか?と、考えたことがあるかも知れません。

俗にいうブラックリストとは、以下の状態の場合、信用情報機関に「返済能力が無い人」と
登録されることを言います。ブラックリストに載ると、限りなく100%に近い確率で、審査に通らなくなります。

<5年以内>
● 無断で、61日以上、または3ヶ月以上の返済遅延をした。
● 長期または複数回の延滞によって、強制的に解約をされた。
● 任意整理を行った。

<10年以内>
● 自己破産を行った。

5年、または10年経てば、ブラックリストから情報は無くなるとも言えますが、自分で消すことはできません。少なくとも、ものすごく厳しい判断基準からは外れる、というニュアンスの方ががしっくりくるかも知れません。

また、共有される信用情報からは外れるかもしれませんが、各社が保有する「社内リスト」から完全に外れることはできません。

例えば、A社で悪質な返済遅延事故があった場合、5年以上経てばB社で契約をすることが出来るかも知れませんが、5年経ったからと言って、再びA社で何事も無かったかのように審査をしてくれるわけではない、ということです。