はじめに

リモートワークがすっかり浸透した今でも、どうしても出勤したり打ち合わせに出かけたりしなければいけないことがあります。こういう日はアレコレ用事を詰め込みがちで、昼ごはんさえゆっくり食べられない……なんていうことも。たまの外食に立食いそばやファーストフードは味気なく、できるだけ素早く、美味しいものを食べたいもの。

こういった需要を狙ってか、とんかつ専門店「かつや」を全国展開するアークランドサービスホールディングスは8月、東京・五反田にとろろそば専門店「東京とろろそば」をオープンしました。「ビジネスパーソン×『とろろそば』」の親和性に迫ってみます。


珍しいとろろそば専門店

言うに及ばず、「とろろそば」は日本そばの定番メニューではあります。しかし、「とろろそば」に特化したお店はこれまでに見たことがなく、正直「なんでまた……」と思ったのは事実でした。

しかし、同店は特に奇をてらって開店したわけではなく、「オーナーのとろろへ偏愛が高じて」といったものでもなく、「ビジネスパーソンの食」を徹底的に突き詰めた結果だったそうです。

お店は、ビジネスパーソンが多く行き交うJR五反田駅から程近いエリアにあります。数少なくなった「外出での仕事」の時は、時間節約のため早朝から稼働し、カツカツに予定を入れることがあります。そうなると意外と困るのが、昼食をとる際の飲食店の営業時間。

ファーストフードを除く飲食店の多くは、一般的に朝11時か11時半に開店します。この時間帯に食事をしようとすると、お店は混雑し、料理は仕上がるまでの時間が読めないこともあります。忙しいビジネスパーソンにとっては、この時間ロスにヒヤヒヤすることもありますが、「東京とろろそば」は朝10時開店。ありがたい開店時間です。

tororo_03

落ち着いた色合いの店内