はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、52歳、会社員の男性。現金貯金がなかなかできずに将来が心配という相談者。株やFXで利益を出そうとしてますが、損失が出てしまったといいます。改善のポイントは? FPの伊藤亮太氏がお答えします。

現金貯金があまりできなくて将来の住まいも含めて心配です。

1部上場企業の会社員(定年65歳)。5年前に離婚。現在は彼女もいるので将来は一緒になるつもり(同じ会社の社員)。彼女に娘がいるので毎年夏に海外旅行へ連れて行ったり諸々あり、ボーナスはほぼ毎年使い切ってしまう。来年から就職するから少しは出費も減ると思う。

●今の住まいは1Kで、彼女とは住めない感じ。生活スタイルはほぼカード決済(食費、デート代、水道光熱費、携帯、新聞代)
●現金決済は(昼のランチ代500円、家賃、更新料、保険2.5ぐらい)
●会社は定年延長で65歳まで伸びたが、60歳以降の給料は3割減になる、退職金は60歳までの計算
●貯金替わりに個人年金をやっている
給料天引で1.3/月 60歳払込終65歳〜80歳 100万円/年
手取り額から1.3/月 65歳払込終75歳で一括650万円
手取り額から2.5/月 最低10年しないとマイナスになる。60歳で一括300万円(外貨保険だから確実ではない)
●投資は配当を中心に株をやっているがまだまだ足しになるほどの金額にはなってない。(4.0/年)
●後、FXを4年前からやってるがなかなかプラスにはならない、毎年数万円のマイナスだったが、とうとう今年の3月には200万円近く損してしまった(株の売却で補填)。

【相談者プロフィール】
男性、52歳、会社員、未婚(離婚)
子どもの人数:なし
同居家族について:なし
住居の形態:賃貸
毎月の世帯の手取り金額:25万円
年間の世帯の手取りボーナス額:100万円
毎月の世帯の支出の目安:25 万円

【毎月の支出の内訳】
住居費:8万8,000円(2年に1回更新14万円)
食費:5万円
水道光熱費:1万5,000円
教育費:0
保険料:3万8,000円(1.3+2.5)
通信費:5,000円
車両費:0
お小遣い:0
その他:9,000円

【資産状況】
毎月の貯蓄額:0
ボーナスからの年間貯蓄額:50万円
現在の貯蓄総額:50万円
現在の投資総額:160万円
現在の負債総額:0
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ