はじめに

派遣で雇い止めをされたとかアルバイトを突然クビになったとか、仕事を失う話を最近、よく聞くようになりました。コロナ禍において業績が悪化している企業が多いのです。そんな中、派遣で雇い止めをされた女性が、彼の態度に困惑しています。


家に住まわせてくれたけど

今年の5月末、コロナウイルスの影響で会社の存続が危ういことから、ミヤさん(34歳)は派遣を雇い止めになりました。

「派遣会社自体もつぶれる可能性が高くなって、新たな仕事も紹介してもらえない状態。失業保険はすぐ出ることになったのですが、先が見えずにどうしようもなく不安でした」

ミヤさんには、昨年の暮れに知り合い、今年の初めからつきあっている3歳年下の彼がいます。彼は仕事上、コロナ禍でも通常勤務。彼女のことをとても心配してくれたそうです。

「とりあえず賃貸マンションを解約して引っ越してくれば、と彼が言ってくれました。確かに働けなくなると家賃がネックなんですよね。あのときは不安が先に立っていたし、彼が親切に言ってくれたのがありがたくて、家賃を払わなくてすむということに飛びついてしまいました」

車を借りて引っ越しも彼に手伝ってもらって自分たちですませました。彼は就職したときに親が頭金を出してくれ、ローンを組んで2LDKの部屋を所有していました。

家賃に生活費、支払うお金

「引っ越してすぐ、彼が『4万円でいいよ』と。何がと思ったら、私の分の家賃でした。住まわせてくれるというから、てっきり無料だと思っていたので意外でしたね。でもよく考えてみれば、彼の月々のローンの半分を私が負担するということは、ここを好きに使っていいということでもある。家賃4万円では都内に住めませんから、了解するしかありませんでした」

恋人として同棲するのではなく、シェアハウスとして考えればいいと納得したのです。ところが彼、「どうせ暇なんだったら家の中のこと、やってくれない?」と言い出しました。

「今思えば、だったら報酬がほしいと言えばよかったんですよね。だけどやはり住まわせてもらっている感覚があったので、できる範囲でやると答えました。それ以来、洗濯、掃除、彼がいると言った日の夕食など家事万端、私がやるようになりました」

彼は生活費として1万円払う、だが光熱費として1万円もらうと言います。なんだかおかしいと思いながら、彼女は頷いてしまいました。

「でも彼は朝はパンがいい、サラダもほしいと。夕食だってほぼ家で食べますから、とてもひとりあたり1万円ではすまない。洗剤やティッシュなどの雑貨類だって必要ですしね。私の失業保険から出すしかありませんでした」

これほどお金がかかっているとわかってもらうために、彼に家計簿を見せようとしたことがあります。でも彼は「結婚したわけでもないんだから、そういう所帯くさいことはやめてよ」と見ようともしませんでした。