はじめに

友達からみた彼との関係

「私は光熱費は払わなかったけど、食費と雑費で3,4万円は負担していました。それでもひとりで家賃を払って暮らすよりはマシだったから我慢していたんですが、あるとき友人に会ってちょっと愚痴ったんですよね。そうしたら彼女が、『そういう気持ちにつけこんで、そのうち貯金も巻き上げられちゃうかもしれない。彼のことが本当に好きならいいけど、そうでないならたとえ生活が大変でも、自分でがんばるべきじゃないかな』と。ハッとしました。失業して仕事も見つからず、彼にすがるしか生きて行く道がないと思い込んでいたんですね、私」

恋人であるなら失業しているミヤに、そんなに経済的に負担させるのもおかしい、やさしくないと友人は言いました。確かにそうだ、とまたもミヤさんは目から鱗が落ちました。

仕事を失うことは生存不安に直結します。生活の基盤がなければ気持ちも落ち着きません。そんなとき、つきあい始めたばかりの彼にすがりついてしまったミヤさんの行動は、もちろん理解はできます。でも、それがさらなる精神の不安定につながることもあるのでしょう。

ミヤさんは彼と別れ、今は忠告してくれた友人の家にいます。つい最近、ようやく仕事が見つかりました。

「それでも虎の子の貯金に手を付けなかったので、なんとかアパートは借りられそうです。彼がどんなつもりだったのかわからないし、聞く気もありませんが、もしかしたら彼も残業代などが減って経済的にきつかったのかも。そもそも私たちの間には恋愛関係すら築けていなかったんじゃないかと今は思っています」

この記事は参考になりましたか?