はじめに

今回の相談者は、無職の61歳男性。定年後、旅行で贅沢を知ってしまい、結局現役時代と同じ支出のまま生活している相談者。減ってゆく老後資金に不安を覚えているといいますが……。FPの横山光昭氏がお答えします。


再雇用を希望せず、60歳の定年で退職しました。退職金も2,000万円もらえ、これまでの貯金と合わせて2600万円の老後資金がありましたし、自分は60歳から企業年金が月に約10万円、妻が趣味でやっている商売の収入が月に11万円ほど、合計で21万円ほどあります。

現役時の生活費は約40万円かかっていましたが、これからは仕事に出かけることもありませんし、お金のかかる趣味もありません。節約して暮らせばこの21万円ほどの収入で年金受給が始まるまで暮らしていけると思っていました。

ですが、今までの妻への感謝と自分へのねぎらいの意味も兼ね、クルーズ船の旅行に行ってから、生活が変わってしまいました。いままでろくに旅行に行ったこともなかったのですが、29日間の旅程で、スイートの部屋に泊まりました。一人約110万円。夫婦で220万円、それに加え100万円ほど旅行で使ってしまいました。食事も設備もイベントも素晴らしく、贅沢を満喫できたのですが、帰宅後もその気分が抜けず、思っていたような節約した生活ができなくなってしまったのです。

結局、支出は現役時と同じ程度のまま。不足する生活費は、老後資金を切りくずして出しているので、老後資金がどんどん減っています。このままでは、いつまで老後資金が持つのだろうかと心配です。どのようにすると生活費を半分に下げられ、これまで計画していたような暮らしができるようになるでしょうか。

【相談者プロフィール】
・相談者(61歳 無職)、妻(58歳 自営業)子どもは独立ずみ
・毎月の手取り収入:相談者企業年金約10万円(20年間の有期)、妻約11万円
・貯金:2100万円(60歳時点より約500万円減った金額)

【支出状況(総支出額:35万円)】
・住居費:0円
・食費:10万1,000円
・水道光熱費:1万9,000円
・通信費:2万1,000円
・生命保険料:2万7,000円
・日用品代:1万2,000円
・娯楽費:3万5,000 円
・小遣い:4万円
・嗜好品(タバコ):1万5,000 円
・その他:3万8,000円
・国保・国年:4万2,000円

横山: 定年後は働くことを選択されなかったのですね。よく、定年すると自然とお金がかからなくなるとか、このくらいで収められるなど楽観視した話をされる方がいるのですが、実際はうまくいきません。どうすると支出を改善できるのか、一緒に考えてみましょう。