はじめに

皆さんは、両親が今、どれだけの財産を持っているのか、どの金融機関と取引しているのか、キャッシュカードの暗証番号やインターネット金融機関のIDやパスワードがどうなっているのかを把握していますか。縁起でもないことは考えたくないし、口に出すのも憚れると思いますが、自然に考えれば自分よりも先に親は亡くなります。そうなった時に慌てないようにするためにも、親が持っている財産の情報を出来るだけ早めに共有しておくようにしましょう。


突然ですが実父が亡くなりました

私事で恐縮ですが、先般、実父が亡くなりました。経緯はこうです。

今から7年ほど前に脳梗塞を患い、一時は生命の危険にさらされましたが一命を取り留め、懸命なリハビリによって普通に歩けるようになり、言語機能もほぼ正常に戻りました。

それからは実家で暮らしていたのですが、脳梗塞の後遺症なのか、時々夢の世界に行ってしまったり、徐々に歩行にも支障を来したりするようになりました。

そして2018年12月、深夜に自宅で転倒して救急車騒動となり、そのまま総合病院に入院。2019年2月に退院するのと同時にショートステイを受け付けている施設に入り、入所中に介護認定で「要介護3」が取れたため、そのまま特別養護老人ホームを探して同年5月にお引越し。そこからしばらく平和で静かな生活をしていたのですが、今年4月に誤嚥によって肺炎を起こし、総合病院に入院。この時点でもうあまり長くはないことを担当医師に告げられ、7月9日に終末期医療の病院に転院。同月21日に亡くなりました。

時間は深夜。事務所で原稿を書いている時に「危ない状態です」という電話が架かってきたため、病院に行くこともできず、死に際に立ち会うことは叶いませんでした。

故人を偲んでいる時間はありません

親が亡くなると、やらなければならないことが山積みです。この記事は、まだ両親が健在である人を対象にして書いておりますので、その点は了承ください。

まずは遺体の引き取りです。うちの場合、互助会に入っていたので、深夜でも電話1本で引き取りに来てくれました。遺体はそのまま実家近くの斎場で預かってもらいました。

翌日、互助会と打ち合わせ。お通夜と葬儀の日取りを決め、お寺と連絡。僧侶のスケジュールを確認して、お通夜と葬儀の参加者を決め、通夜振る舞いの食事をどうするか、祭壇はどれにするかなどを決めていく過程で、葬儀費用が徐々に固まっていきます。この間、大量の書類を確認して住所や氏名を記入し、捺印をする必要があります。もちろんすべて手書きです。自分の名前を手書きであれだけ書いたのは、本当に久しぶりのことでした。

ちなみに葬儀費用は、最近は大分安くできる方法もあるようですが、比較的リーズナブルなプランを選んでも、僧侶のお布施などを合わせれば200万円近いお金が一時的に発生します。なので、これは事前に現金で用意しておくこと。私は父がそろそろヤバイと言われた時点で預金を降ろしておきました。

あと久々に礼服を着る人は、サイズが合わないなんてこともありえるので、これも事前に確認しておいた方がいいですね。

そんなこんなで準備にバタバタしてお通夜、葬儀に突入。申し訳ないけど、故人を偲んでいる時間はありません。でも、本当に大変なのは葬儀が終わってからなのです。