はじめに

近年はデジタル遺産の問題も

まあ、いろいろダラダラ書いたのですが、要するに親がある程度の年齢になったら、財産がどのくらいあるのか、実印や銀行印、土地の権利書などはどこに保管してあるのかなどの情報共有が大事だということです。たぶん、聞きにくいことなのだとは思いますが、この情報共有をしないで放置しておくと、最後に困るのは子供です。

もちろん母親がしっかり者ですべてを把握しているなら問題はないのですが、そうでない場合、この手の重要情報を墓場まで持っていかれてしまうと、かなり苦労することになります。特に最近はデジタル遺産の問題もありますから、暗証番号だけでなく、インターネット口座のIDやパスワードなども重要情報として、家族間で情報共有するようにしましょう。

今回はコロナ禍という特殊な状況だったので致し方ありませんでしたが、人がいつ亡くなるかは誰にも分かりませんし、両親が高齢になるほど認知症になるリスクも高まります。なかなか聞きにくいことだとは思うのですが、ご両親が心身ともに健康なうちに、話し合っておくことをお勧めします。

[PR]NISAやiDeCoの次は何やる?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。