はじめに

旬のさんまは脂がのって身もふっくら。シンプルに塩焼きにして、炊き立てのご飯と食べるととても美味しいですね。しかし毎回塩焼きだと何か物足りない。

今回はそんなさんまの、塩焼き以外のアレンジレシピをご紹介します。さんまの脂ののった濃厚な味、わたのほろ苦い味は、パスタにも合います。

舞茸を合わせて、味付けは「ポン酢+柚子胡椒」。茗荷と水菜のシャキシャキな食感もプラスして、秋のパスタに仕上げました。


「さんまと舞茸の和風パスタ」の材料

材料 分量
・スパゲティ 160g
☆さんま(三枚おろし) 2尾分
☆塩 少々
☆小麦粉 大さじ1
・にんにく 2片
・オリーブオイル 大さじ3
・舞茸 70g
・茗荷 2個
・水菜 1束
・バター 10g
★ポン酢 大さじ3
★柚子胡椒 小さじ1/2

「さんまと舞茸の和風パスタ」の作り方

1. さんまは三枚におろして、皮を手で引っ張り剥く。2~3cm程の大きさにカットし、塩をまぶす。さらに小麦粉をまぶす。

2. ポン酢と柚子胡椒を合わせて、柚子胡椒が溶けるようによく混ぜておく。

3. 水菜は2~3cmの長さにカットする。茗荷は縦半分にカットしてから細かく刻む。

4. 鍋にたっぷり湯を沸かし、塩を少々入れスパゲティを茹でる。表示時間より1分程早くザルにあげる。

5. フライパンにオリーブオイルを引き、スライスしたにんにくを炒める。

にんにくの香りがたったらさんまを入れ、焼き色がつくまで炒める。

食べやすい大きさに割いた舞茸、茗荷、バターを加えしんなりするまで炒める。

2のポン酢を入れて混ぜ合わせたら、茹でたスパゲティを加える。

6. 絡めて皿に盛り付け、カットした水菜をのせて完成。

「さんまと舞茸の和風パスタ」を美味しく作るポイント

・さんまの三枚おろしは、スーパーの鮮魚売り場で頼むこともできますので、苦手な方はお願いしてみて下さい。
・辛味が欲しい方は、にんにくを炒める際、ハサミで輪切りにした鷹の爪を入れて下さい。

レシピ/ akari
4歳、1歳 兄妹の母。フードスタイリスト、食育メニュープランナー。野菜をたくさん取り入れること、旬のものを食べて四季を楽しむこと をモットーに毎日料理しています。instagramには、家族の為に作った日々の御飯を投稿しています。

(この記事はケノコトからの転載です)