はじめに

コロナの影響で、日本経済が大打撃を受け雇用が激減をしています。不景気になると、”自己研鑽”する人が多くなり、資格取得に勤しむ人が多くなりがちです。しかし現実には、転職に有利にならない資格もたくさんで、無駄な時間とお金を使っている人が多くいます。面談人数2000人以上、300社以上の転職支援をしている転職コンサルタントの池田佑樹が、転職で本当に役に立つ「汎用性の高い資格」を厳選して3つ紹介をします。


資格自体に価値はない

人は不安に駆られると「何かしなければ」と焦り、目先の情報を鵜呑みにして無駄な事をしてしまいがちです。その最たるものが、資格取得だと私は考えます。

資格というのはゴールがあって初めて必要になるもの。厳しいことを言わせてもらいますが、明確な目的意識がなく、資格取得しようとしている人が多すぎます。

「この資格を持っていれば転職できる」「この資格さえ取れれば一生安泰だ」

そんな資格は、ありません。

・あなたの進みたい方向に、本当に資格が必要ですか?
・資格取得をする前に、そもそもあなたの進みたい方向は決まっていますか?

取得の際は、この2つを改めて考えてほしいです。

資格取得をするには、お金も時間も掛かります。もちろん「役に立たなくても、興味ある分野だからそれで良い」という動機で資格を取ることは、素敵なことだと思います。

でも、「転職や仕事で役立てたい」という動機であるなら、資格取得は吟味しましょう。一定以上の見返りがなければ、非常にもったいない投資になってしまいます。景気がよくない今、1秒1円だって無駄な自己投資は避けたいものです。

国家・民間・公的資格を合わせて、日本に資格は1000以上。玉石混交で、仕事の面からは”使えない資格”だって多くあります。世の中には何を証明している資格か分からず、履歴書の資格欄に記載をしても、何も思われない資格が多いのが実情です。

資格ビジネス会社が「簡単に取れる人気の資格」と魅力的にプロモーションしています。でも、「簡単に取れる資格」は転職で役に立ちません。

本当に価値の高い資格は、合格率が非常に低い、難易度の高い資格です。かと言って、「医師、弁護士、公認会計士の資格は本当に役立ちます」と言うのはアドバイスにならないですよね。

そこで「サラリーマンでも取得が現実的」で、かつ「汎用性の高い」、転職で役立つ資格を3つ紹介します。