はじめに

株などの投資経験がある人でも、意外と知らないのが不動産投資の世界です。2008年から不動産投資を始め、東京23区内に分譲マンションを23戸保有する依田泰典さんに、株と不動産の違いについて伺いました。


怪しい業者から勧誘された

――投資との関わりは株式投資からですか?

はい。会社員になる前の年に株を買い、それが投資との初めての接点でした。その時に買ったのは入社予定だったソニーの株で、1年くらい保有して90万円くらいの利益が出ました。
それで「投資は面白い」と感じたのが始まりです。当時はITバブルの頃で、新興市場の株が上がっていました。そこを狙って、上がったら売り、次の銘柄を買い、また上がったら売って新しいのを買う回転売買でしたので、多い時で1ヶ月で5,000万円分くらい売買したこともあったと思います。

今だから言えますが、昼休みもご飯を食べるのもそっちのけで、株価をチェックしていました(笑)。
ただ、入社して数年経つと仕事が徐々に忙しくなります。そのため、これも今だから言える話なのですが、株式投資に詳しい友人に証券会社のIDとパスワードを伝えて、株価が本当に気になったときには株を売買してもらったりしていました(笑)。

――出だしから数年、順調に資産を増やしたのですね。

そうですね。ただ、そもそもバブル相場でしたし、売買しているのは値動きが荒い新興銘柄です。上がる時だけでなく下がるスピードも速く、大きく損したこともあります。1つの銘柄で3,000万円を超える損失が出て、「なんでこの株を買ってしまったんだろう」と後悔して、泣いたこともありました。

――不動産投資との接点は?

2005年に会社に怪しげな不動産会社から営業電話がかかってきました。今は少なくなったと思いますが、当時は会社に営業電話がかかってくることが結構あったのです。その時はまだ株に熱中していたのですが、不動産投資に興味がないわけでもなかったので、とりあえず話を聞いてみたんです。

ただ、会ってみると、とても怪しいんですよ(笑)。「不動産は年金代わりになる」「団信(団体信用生命保険)を使えば生命保険代わりになる」など、言っていることはわかるのですが、表面的な説明で、この時は自分には響きませんでした。リスクをとって物件を持つ意味や不動産に投資する本質が全然見えなかったのです。早く買わせようと急かしますし、「儲かります」「買ったほうがいいです」と推すにもかかわらず、営業マン本人は「僕はローンが通らないので」という理由でやっていません。他にも数社の営業マンから話を聞きましたが、どこも怪しく感じて、結局、この時は買いませんでした。