はじめに

「ムッシュー、公共交通機関に乗る時にマスクは義務よ」

マスクを着用せずパリ市内の路線バスに乗り込んできた若い男性に向かって、中年の女性の乗客が声をかけました。現在パリでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、市内全域でのマスク着用が法律で義務付けられています。違反すると135ユーロ(約1万6,000円)の罰金です。

日本では、マスクをしないなど感染拡大を防ぐためのマナーを怠っている人に対して指摘をする「マスク警察」と呼ばれる行為が、しばしば話題に上っています。フランスにもマスク警察はいるのでしょうか。現在のパリの状況を伝えします。


パリにもいる「マスク警察」

フランスでは、再び新型コロナの感染が拡大しています。10日の新規感染者数は2万6,896人、死者は54人を数えました。5月には新規感染者は1日200人を下回った日もありましたが、経済活動の再開などもあり、8月ごろから増加傾向が続いています。現在は再び、医療体制を逼迫させる状況に近づきつつあります。

以前、フランスでマスクをしている人を見かけることは珍しかったのですが、罰金を伴う義務化がされて以降、マスク姿は普通の光景になりました。マスクを巡るいざこざは依然あるものの、義務化が導入された初期に比べると目にする機会は減りました。

フランスでも、マスクをしていない人に対して指摘する人はいます。しかし、マスク着用義務の場所とそれ以外の場所が、明確に法律により線引きされているため、指摘する側もされる側も分かりやすく、そこが日本の雰囲気と異なるかもしれません。