はじめに

新型コロナウイルスについて、第2波に対する警戒感が強まっている国と、着実に回復に向かっている国との二極化が世界的に鮮明になってきました。アジアでいえば、比較的経済正常化が目立つのが、中国、台湾、タイ、ベトナムなど。一方で、悪化が目立つのは、インドネシア、フィリピン、インドなどです。

そのなかで、景気低迷が目立つ国々を中心に、現状と見通しを考えてみたいと思います。


経済、財政ともに厳しい状況の続くインドネシア

まず、インドネシアです。同国では、2019年4月にジョコ第2期政権が発足しましたが、第1期の5年間も含めて、就任以来経済不振が続いています。

もともとインドネシアは広大な国土と豊富な人口を抱える大国で、国力を維持していくためには、最低6%以上の経済成長率を保つ必要がある、と言われていました。しかし、2014年の就任以降の期間のGDP成長率の平均は約4.93%と、前政権に比べて明らかに低い水準となっています。

直近で発表されている2020年4-6月期の実質GDP成長率は、前年同期比5.32%減と、1999年以来約21年ぶりのマイナス成長となりました。

世界的に拡散した新型コロナウイルス問題や資源需要の減少に加えて、インドネシア国内で昨年末あたりから発生した過去最悪の洪水被害も、景気悪化の一因となっています。国内外で悪材料が山積みのなかで、インドネシアは当面厳しい政策運営を余儀なくされそうです。